先代ロータスGT4を超えられるか!? |ロータスエミーラGT4がデビュー!

Lotus

世界のモータースポーツ界で最も有名な企業の一つであるロータスは、新しくコンペティション仕様のGT4チャレンジャーを発表した。その中核となるのは、高い評価を得ているスポーツカー、エミーラだ。

70年以上にわたる公道とサーキットでの技術革新の集大成であるこの車は、ロータスのGTレースにおける新たな時代の始まりを告げるものだ。プロジェクトパートナーであるRMLグループと共同で開発されたこのレース仕様のコンセプトカーは、ロータスのビジネスとブランドのあらゆる分野で起きている変革の、新たなマイルストーンとなる。



7月に発表されたロータス・エミーラとグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでのダイナミックなデビューに続き、ロータスとRMLグループは伝説的なロータスのモータースポーツストーリーの新たな章を成功させるために尽力している。最近では、エヴォーラGT4が、イギリスGT、ドバイ24時間耐久、バルセロナ24時間、ヨーロッパGT、セパン12時間、ピレリ・ワールド・チャレンジなどの権威あるレースやチャンピオンシップで優勝するなど目覚ましい活躍を見せた。

現代のロータスのロードカーのほとんどにレース用の兄弟車が存在しており、それはエミーラも例外ではない。それぞれのカスタマー・カーは、最新の安全規制を満たすために軽量のモータースポーツ・コンポーネントと装備を用いて手作りされた、ホモロゲーション取得済みのパフォーマンス・マシンだ。

ヘテルに拠点を置く開発チームは、優れたダイナミクスと高速安定性を実現するために、精密なエンジニアリングに重点を置いている。先進の複合材ボディワークにより、車両は非常に軽量化されており、レースで実証されたトヨタの3.5リッターV6エンジンと、公道用エミーラの先進的なエクステリアデザインから得られたGT4用の最適なエアロダイナミクスと相まって、エミーラGT4は競争力を高めることができるだろう。



ロータスのレースプログラムマネージャー、リチャード・セルウィンは次のようにコメントしている。
「全く新しいエミーラGT4は、大成功を収めたエミーラロードカーに続くエキサイティングなステップです。我々はRMLグループのチームと協力して、この次世代のロータスGTカーがレースで勝つためのパフォーマンスを発揮できるようにしました」

また、RMLグループのコマーシャル・ディレクター、サイモン・ホロウェイは次のようにコメントしている。
「私たちは、ロータスの新型エミーラGT4コンセプトに協力できることを嬉しく思います。両社ともモータースポーツの分野で長く成功を収めてきましたが、ロータスにとってこのようなエキサイティングな時期にそれを実現できたことは、我々のビジョンと価値観が認められたことになります」

現在はロータスの車両属性担当ディレクターであり、以前はロータスのレースカーでGT選手権を制覇したドライバーでもあるガヴァン・カーショウは、エミーラGT4の開発に当初から参加しており、「エミーラが開発された全く新しいシャシーは、高性能なレースカーとしては完璧な出発点です。世界のモータースポーツに復帰できること、そしてこのような競争力のあるレースカーで復帰できることを、ロータスの全員がとても楽しみにしています」と話している。



ロータスは、1948年に創業者のコリン・チャプマンが手作りしたトライアルカー「マークI」以来、レースでの成功の代名詞となっており、今日のスリリングなスポーツであるレースを可能にした技術革新の多くを開拓してきた。また、F1コンストラクターズタイトル7回、ドライバーズチャンピオン6回、インディアナポリス500優勝など、数々の輝かしい功績を残してきた。

世界のモータースポーツに復帰することは、ロータスの変革の重要な柱となっている。今年初めには、コンサルタント部門であるロータス・エンジニアリングが、F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンが率いるエクストリームEレースチーム、JBXEのテクニカルパートナーになった。

ロータス・エミーラGT4は、世界で最も有名なレーシングカーの開発が行われてきた象徴的な2.2マイル・サーキットであるヘテル・テスト・トラックでのイベントで、今年後半に正式に発表される予定だ。ロータスは、2022年のシーズンに向けて、限定台数のエミーラGT4レースカーを製造し、2023年には世界的な需要に合わせて生産を増やすことを目指している。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事