新型プジョー508を英国で緊急テスト。 完成度の高さは、すでにドイツ車のクォリティを超えたか。



さて、ここから日本仕様との違いを過去の試乗の経験などを踏まえ、考えてみたいと思う。間もなく日本にもデリバリーが始まるプジョー508のグレードは以下の通り。まず1.6リッターPureTech ガソリンターボ180psエンジンを搭載する508 Allureと508GT Line。そして2.0リッター BlueHDiクリーンディーゼル177ps(しかも最大トルクは400Nm)エンジンを搭載するGT BlueHDiと、日本導入記念バージョンともいえるファーストエディションが用意される。

嬉しいことに欧州で今回試乗した225ps仕様にひもづけられる贅沢なアクティブ制御
サスペンションが、日本に導入される新型プジョー508全グレードに標準で装備される。なぜこれが朗報かといえるか説明をしよう。日本に導入される1.6ℓDOHCガソリンターボ180psエンジンを搭載するGT Lineは、エンジン重量や前後車軸の重量配分は今回試乗した225ps版と横並びなので、足さばきの冴えや心地良さはまったく同様と考えられる。ガソリン仕様同士で比べれば低速トルクの力強さでは若干225ps版に譲るとはいえ、低速域での乗り心地がアクティブスキャン・サスペンションによって明らかに改善される以上、日本仕様の180ps版は加速中のフィールごと向上する可能性が高い。そもそも、今どきのDセグメントとしては例外的に軽量な新型プジョー508にとって、180psは必要にして十分なパワーなのだ。以前に試したディーゼル仕様のGT BlueHDi は、400Nmのトルクを活かしたスタビリティに秀でた高速クルーザーのような印象だった。また1.6ℓガソリンターボを積むAllureやGTLineではスポーツカーのような鼻先の軽さを楽しむことができるず。日本でも、このまったく異なる乗り味のどちらをも選ぶことができることは、とても大きなプレゼントである。

センターモニターのタッチスクリーンと、その下のトグル形状のスイッチは用途が分かれていて使いやすい。ガングリップ形状のシフトノブ。手前にはフルパークアシスト、シフトの前方にはドライブモードのスイッチが配置される。インテリア全体の質感が高く、異なる素材を美しくまとめている。


もうひとつのグッド・サプライズは、先進運転支援システム(ADAS)関連の機能が練られ、なかなか完成度の高いレベル2にまとめられていたことだ。まず修正舵つきのレーンキープアシストだが、コーナーが曲がっている方向と反対に修正舵を切るような怖さがない。またアダプティブクルーズコントロールや自動ブレーキアシストが、交通量の多い高速道路上で前方が詰まった時も、制動力の立ち上げ方が自然で、前後に頭を揺すられる粗雑さがない。つまりバックグラウンドで使っても、ADAS機能が嫌な介入をしてきたと意識させないタイプなのだ。機能として主張せず、あくまでドライバーのサブに徹するところが、プジョーらしい。


都心ではなかなかメリットを感じる機会の少ないナイトビジョンだが、UKの郊外では野生動物が突然現れることも少なくない。あれば助かる装備の一つである。


コヴェントリーへの帰途に就くころになって、オーディオのサウンドを楽しむことを忘れていたことに気付く。デバイスを繋ぎFOCAL®の Hi-Fiシステムに耳を傾けてみた。10ヶ所に配されたスピーカーから、臨場感ある質の良い音響が車内を満たしてくれた。実用性と日常性を鑑みたドライバーズカーとして、またDセグ・サルーンのきわめて軽快な表現として、新型プジョー508は独特の高い完成度をもつ特別な一台となった。


文:南陽一浩、オクタン日本版編集部  Words:Kazuhiro NANYO , Octane Japan
写真:櫻井朋成 Photo:Tomonari SAKURAI

テスト車 プジョー 508 GT
ボディサイズ:4750mm x 1847mm x 1404mm
ホイールベース:2793mm
駆動方式:8段EAT
エンジン型式:1.6ℓ 直4DOHCターボエンジン
最高出力: 165kW(225hp)/5500rpm 
最大トルク: 300Nm/2750rpm
総排気量:1598cc
車重:1420kg

プジョー508 ファーストエディション
ボディサイズ:4750mm x 1847mm x 1404mm
ホイールベース:2793mm
駆動方式:8段EAT
エンジン型式:2.0ℓ BlueHDi 4DHOCターボディーゼルエンジン
最高出力: 177ps/3750rpm 
最大トルク: 400Nm/2000rpm
総排気量:1997cc
本体価格:577万円

プジョーコール
0120-840-240
プジョー
www.peugeot.co.jp

プジョー508の公式ページはこちら








RECOMMENDEDおすすめの記事