待ち焦がれたシンガーのポルシェ911「ターボ・スタディ」がベールを脱いだ!

Singer

カリフォルニアのラグジュアリー・スペシャリストであるシンガーが、「ポルシェ 911 リイマジンド・バイ・シンガー- ターボ・スタディ」を発表した。ターボチャージャーを取り入れたレストアサービスを求めるオーナーの要望に応え、初のロードゴーイング・レストアをオーナーと共同で行ったケースとなる。



グランドツーリング、スポーツ、日常生活で発揮される高い性能を併せ持ち、ラグジュアリー・グランドツーリングからスポーツ・フォーカスまで、そのバランスは各オーナーの好みに合わせて調整される。

シンガー・グループ創設者兼エグゼクティブ・チェアマンのロブ・ディッキンソンは、次のようにコメントしている。
「1976年、11歳のときに初めてポルシェ911に乗ったとき、私は言葉を失いました。その車は、赤いタータンチェックのシートを備えた930ターボでした。あの人生を変える瞬間から45年、ポルシェ初の"スーパーカー"の素晴らしいスリルを捉え、その性能と洗練性を再構築し、オーナーと協力して両者をさらなる高みへと導くことを目的としたターボ・スタディを発表できることに興奮しています。私や他の多くの人々の人生を変えた車に捧げるトリビュートとしてふさわしいと思います」



今回発表された、ウルフブルーに彩られたポルシェ 911 リイマジンド・バイ・シンガーは、オーナーの個人的なビジョンを反映したターボ・スタディである。高性能かつラグジュアリーなグランドツーリング性能を追求したこの車両の特徴は次のとおり。

• ウルフブルーの軽量カーボンファイバー製ボディワーク
• 3.8リッター インタークーラー付ツインターボ・フラットシックス
• 450HP以上(出力は各オーナーの仕様に合わせることが可能)
• 6速マニュアルトランスミッション
• 後輪駆動とツーリングに特化したサスペンション
• カーボンセラミック・ブレーキシステム
• インテリア:マリブサンド+ブラックフォレスト・ウッド・アクセント
• 電動調整式シートヒーター
• エアコンディショナー



シンガーがポルシェ911のオーナーと共同で行うレストアサービスと同様に、ターボ・スタディも空冷エンジン車であるタイプ964世代を出発点とする。このスタディでは、“メツガー”空冷フラットシックスの新しい進化形が採用された。3.8リッターとなったこのエンジンは、電動ウェイストゲート付きツインターボチャージャーを搭載。インテーク・プレナム内には、特注の空水冷インタークーラーが備えられた。リアフェンダーの“シャークフィン”は吸気口として生まれ変わり、エンジンベイに冷気を供給して燃焼と冷却の性能を最適化する。出力レベルはオーナーの好みに応じて、450HP以上で選択が可能だ。



特注のカーボンファイバー製ボディは、最先端のエンジニアリングや材料科学と、シンガーの象徴的なDNAのバランスを絶妙に保っている。70年代半ばのターボ・カーにインスパイアされたボディワークは、美しさと機能的なパフォーマンスを最適化するために再構築された。

ターボ・スタディでは、後輪駆動と全輪駆動の両方のレストアが可能になっている。AWDは季節や路面を選ばず、パワーとトルクを確実に発揮させることができるし、RWDを選んでスポーツ走行に特化した仕様にすることも可能だ。いずれの場合も、最適化された6速マニュアルトランスミッションが、シンガーの得意とするドライバーエンゲージメントを実現する。

パフォーマンスについては、強制吸気システムの採用により、450HPもしくはそれを上回る最高出力を得ることが可能。騒音レベルを低減し、ダンパー減衰力やサスペンションの性能をよりフレキシブルに選択できるようになるなど、洗練度を向上させて長距離の高速ツーリングにも対応する。さらに、より一層の高出力化も指定することができる。よりスポーツ性を強調したい場合は、スポーツエグゾーストシステムや、適切な減衰力特性を、必要に応じて設定することが可能だ。

また、寒冷地での快適なドライビングや高速道路での利便性を考慮し、シートヒーターや電動調整式クルーズコントロールも用意されている。



シンガー・グループの最高経営責任者(CEO)であるマゼン・ファワズ(Mazen Fawaz)は、次のように述べている。
「2020年から2021年にかけて、私たちのサービスの売上は2倍以上になりました。カリフォルニア州トーランスに新しくできた、さらに大きな統合的施設により、チームを拡大し、需要に応え、オーナーの方々を快適に迎えることができるようになりました。一方、英国では、ダイナミック&ライトウェイト・スタディによるレストアをひとつひとつ丁寧に実行しています。オーナーからのターボ・スタディに対する反応は驚くほど大きく、レストアが進むにつれて、それぞれのオーナーと一緒にレストアの共同作業ができることを楽しみにしています」



ターボ・スタディを実際にその目で確かめたい人のために、2022年6月23日から26日にかけて英国で開催されるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで走行する機会を設ける予定だという。その後、2022年8月にはアメリカ・カリフォルニアのモントレー・カー・ウィークにも参加する。

これでシンガーは、一般道向けの自然吸気とターボチャージャーの両方のスポーツカーを網羅することになった。クラシック・スタディにより、最適化された空冷911クーペとタルガについて個人的な嗜好を極めることができ、ダイナミック&ライトウェイト・スタディでは、オーナーはフォーミュラ1の世界から生まれた技術を取り入れ、空冷911の超高水準なポテンシャルを探求することができる。

今回のターボ・スタディにより、オーナーは代わってターボチャージャーの世界におけるサービスを受けられるようになった。待ち望まれていたサービスだけに、現時点ですでに70人以上のオーナーが、このスタディによって可能になったオーダーメイドのレストアを予約しているという。シンガーの今後に、ますます注目していきたい。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事