375台中の1番!世界一早く納車されたマクラーレンP1

silverstone auction

2021年3月のバレット・ジャクソン・オークションでRam 1500 TRXのローンチ・エディション(VIN001)が、41万ドルという驚異的な価格で落札されたことは記憶にあたらしい。ファーストロットは常に特別なものであり、高い価値があるのだ。

もちろんマクラーレンP1も同様だ。今回、イギリスのシルバーストーンオークションが開催する「THE MAY SALE 2021 - CLASSIC CARS AND CLASSIC MOTORCYCLES」に出品されたこの2013年モデルのP1は、375台のうちの最初に生産された1台であり、非常に価値の高い車であることは間違いない。このP1には88万5000ポンド~98万5000ポンド(約1億3400万円~1億5000万円)程度の落札価格がつくのではないかと見られている。



エクステリアカラーはボルケーノイエローで、内装はブラックレザー、ダッシュボードはアルカンターラで仕上げられている。また、走行距離はわずか3666マイルで、2018年に新しいハイブリッドバッテリーを搭載し、昨年9月にマクラーレン・バーミンガムで最終整備を受けている。この車の過去のオーナーは2名と記録されているが、その2人は家族だというから、実質的にはひとつのファミリーで所有されていた個体であるといえるだろう。



そしてこの車のヒストリーファイルには、P1のデザイナーであるフランク・ステファンソン本人からの手紙が含まれている。ステファンソンは、このP1のオーナーに宛てた2013年10月9日付けの手紙の中で、「我々の最初のベイビーを、あなたが広い世界に送り出すのを、我々のチームと一緒に見守ることができたのは、大きな喜びでした」と記している。このような感動的な手紙がついてくるのは、もちろん最初の1台だけだ。



ハイブリッドカーであるP1は、マクラーレンのハイパーカーとして、その名に恥じないスペックを備えていた。3.8リッターのツインターボV8に電気モーターを組み合わせ、900馬力以上の出力を実現したのである。空力的にも優れており、ボディの両端には調整可能なウイングが装備されている。そのためわずか2.8秒で時速62マイルに達し、最高速度は時速217マイルにまで達するのだ。



自動車の歴史における「ゲームチェンジャー」とも称されるマクラーレンP1の、最初の1台。価格だけでは計り知れない価値が、この車にはある。

Silverstone Auctions
https://www.silverstoneauctions.com/

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事