190周年を迎えたロンジンの記念コレクション|情熱を込めた3本のモデル

LONGINES

スイスのサンティミエにて、1832年から時計作りを続けてきたロンジンは今年で190周年を迎える。1867年に自社工場として初めて稼働した工場であるEs Longinesと呼ばれる場所にちなんで名付けられたこのブランド名は、今では多くの人に愛される名前となった。



そして本年、この歴史の節目を祝して、最高峰ライン「ロンジン マスターコレクション」から190周年記念モデルが登場。ロンジンが過去に発表した懐中時計やヘリテーウォッチから着想を得たデザインと、採用されたブレゲ数字が特別な雰囲気を高めてくれる。

なお、本モデルは3種類のモデル展開。サンドブラストシルバーカラーの文字盤がセットされたステンレススティールバージョン、世界190本限定で展開するブラッシュド加工グレー文字盤またはグレイン加工ダークグレー文字盤がセットされたイエロー、ローズの18Kゴールドモデルがラインナップしている。
ステンレススティールバージョン 
L2.793.4.73.2
31万3500円(税込)

イエローゴールドバージョン 世界限定190本
L2.793.6.73.2
157万7400円(税込)

ローズゴールド18Kバージョン 世界限定190本
L2.793.8.73.2
157万7400円(税込)

モデルスペック(共通)
自動巻ムーブメント、L888.5、 11½リーニュ、シリコン製ヒゲゼンマイ、21石、 25'200 振動/時、パワーリザーブ最大約72時間、時/分/秒機能、ラウンド型 Ø 40mm、厚さ9.35mm、ステンレススティールケースまたは18金イエローゴールドまたは18金ローズゴールドケース、シースルーケースバック、記念エングレービング、サンドブラスト加工シルバーカラー文字盤、またはブラッシュド加工グレー文字盤、またはグレイン加工ダークグレー文字盤、アラビア数字エングレービングインデックス、ブルースティール針またはゴールドカラー針またはローズカラー針、3気圧防水 (30メートル)、多層反射防止コーティングされたサファイアクリスタル風防、ソフトタッチのダークグレーアリゲーターストラップ、トリプルセーフティフォールディングクラスプ、ワンプッシュ開閉システム

オクタン日本版編集部

無料メールマガジン登録   人気の記事や編集部おすすめ記事を配信         
登録することで、会員規約に同意したものとみなされます。

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事

Current ISSUE