京都祇園でフランス人写真家 エルサ・レディエの作品「Heatwaveシリーズ」日本初披露

シャンパーニュメゾン ルイナールは、世界最大の写真フェア″PARIS PHOTO″ で、ルイナール アワード2019を受賞したフランス人写真家 エルサ・レディエの作品「Heatwaveシリーズ」を、伝統と文化の街京都祇園を舞台に毎年開催される『KYOTOGRAPHIE 2020』の、HOSOO GALLERYで日本初披露することを決定した。

エルサ・レディエは、2019年9月のブドウ収穫時期に作品作りのためシャンパーニュ地方、ランスにあるルイナール社を訪れ、自然とワイン造りをする人々の関係を芸術的な視点で表現し、その作品タイトルを「Heatwaveシリーズ」と名付けた。この作品を作成するために、エルサは自身における従来の表現方法と技術を取り払うことを決心し、新たな可能性を模索したという。

写真は「光」によってのみ作り出され、ブドウは 「光」によって成長することから、エルサは共通した特徴である「光」に着目。実際に、シャンパーニュはブドウが成長過程で日光をどのくらい浴びたかによって品質が決まるため、できる限り効果的に日光を浴びるよう、ブドウ畑は丘の斜面に位置している。また、ルイナールの地下38Mにあるセラー「クレイエル」は、シャンパーニュの繊細な香りを損ない、"un goût de lumière(光の味)"を残してしまう可能性がある紫外線を遮断しているのだ。



今回制作した「Heatwaveシリーズ」は、従来の写真表現と「光」を捉えるための実験的な方法を融合している。それは、シャンパーニュを紫外線から守るために使用される素材を通して、「光」をフィルタリングするレイヨグラム(カメラを使用せずに、印画紙の上に物体を置き光を焼き付ける)という手法。この手法により、「光」からシャンパーニュを守るために何世紀にも渡って微調整されてきた着色ガラスのボトルを通した白熱色の写真が現れている。

エルサは、この作品を通して人と自然との本質的な関係性を一変させた気候変動の問題に一石を投じ、また、それと同時に不測の気候でも毎年評価の高いワインを醸造することができるルイナール秘伝の製造技術と知識を有する職人たちへの敬意も表すメッセージが込められている全12点の作品は、2020年9月19日(土)~10月18日(日)の『KYOTOGRAPHIE 2020』期間中、ルイナールの展示会場HOSOO GALLERYにてお楽しみいただける。

KYOTOGRAPHIE 2020
Ruinart x Elsa Leydier

【 期     間 】 2020年9月19日(土)~10月18日(日)
【 時   間 】 10:30 – 18:00
【 会 場 名 】 HOSOO GALLERY(HOSOO FLAGSHIP STORE 2F)
      *1Fのラウンジにてルイナールをバイザグラスでお楽しみいただけます。
【 住     所 】 京都府京都市中京区柿本町412
【 T E L 】 095-221-8888
【 U R L 】 www.hosoo.co.jp
【アーティスト】Elsa Leydier(エルサ レディエ)
【 タ イ ト ル 】 Heatwaveシリーズ


Ruinart x KYOTOGRAPHIE 特設サイト (09月01日開設)
https://www.mhdkk.com/brands/ruinart/kyoto2020/

無料メールマガジン登録   人気の記事や編集部おすすめ記事を配信         
登録することで、会員規約に同意したものとみなされます。

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事

Current ISSUE