オクタン日本版vol.18 特集:本物の伝説

1977年ランチア・ストラトスHF

170531_car_storatos (11).jpg

最初に「音」が届いた。機械音というより、まるで獣の咆哮のような音がイタリアののどかな風景の中に響き渡った、そして1977年モンテカルロ・ラリーを制したランチア・ストラトスHFが姿を現した。あれから40年たった今でも、その圧倒的な存在感は少しも失われていない。現代の目から見ても、ウェッジシェイプのボディは未来的だ。

170531_car_storatos (14).jpg

ストラトスは速度を落としながら近づいてきた。緑/白/赤のいわゆるアリタリア・カラーに包まれたベルトーネによるスタイリングは実に威風堂々としており、ほとんど傲慢と言ってもいいほどのプライドを主張している。目の前に停まるかと思った瞬間、フェラーリ・ディーノ用V6エンジンの咆哮を上げて、ストラトスは私たちを見下したように走り去った。それはまるで気難しいサラブレッドが撫でようとした手を振り払って走り去るかかのように見えた。

170531_car_storatos (13).jpg

リアスポイラーと巨大な丸いテールライト、いかにも70年代風のルーバーが付いたリアウィンドウを呆然と見送っていると、私たちの横に立つサンドロ・ムナーリは微笑んでいることに気づいた。おそらく彼は1977年1月22日から28日の出来事を思い出していたのではないだろうか。その後姿は、フレンチ・アルプスでかつてライバルたちが追いかけ、そして追いつけなかったそのものなのである。

「このストラトスは特別だ」と長身のイタリア人は口を開いた。

「今も時々この車に乗る機会はあるが、これは単なる車ではない。素晴らしい記憶を呼び戻す魔法のようなものだ」

170531_car_storatos (1).jpg

1977年モンテカルロ・ラリーでのサンドロ・ムナーリとランチア・ストラトスは真に無敵だった。40年を経た今、私たちは本当の伝説というものを目の当たりにした。

Octane_0018-(1).jpg

オクタン日本版vol.18「魅惑のイタリア車」 特集一覧はこちら
amazon:http://amzn.asia/azQRoyJ
Fujisan:http://www.fujisan.co.jp/product/1281695173/next/

無料メールマガジン登録   人気の記事や編集部おすすめ記事を配信         
登録することで、会員規約に同意したものとみなされます。

RECOMMENDEDおすすめの記事