「さらに安全になった」人気の高級SUV|ボルボXC90マイナーチェンジ

Photography: Volvo Cars Japan

約1兆3000億円の投資による後続改革を経て誕生した商品戦略(新プラットフォームやデザインなど)の第一弾として2016年に登場したフラッグシップSUVのボルボXC90。電動化や自動運転を見据えたSPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)プラットフォームや、象徴的な“トールハンマー”ヘッドラライトをもつ新たなデザインなどを備えている。新生ボルボのラグジュアリーSUVは世界的に人気を博し、これまでに世界で32万台以上を販売、日本でも3600台(2019年7月まで)と好調である。また、ガソリンエンジンとディーゼルに加え、プラグインハイブリッドをラインナップし、選択肢を広げている。

2016年の登場以来初となるマイナーチェンジを受けた。




エクステリアはフロントグリルとバンパー、リアバンパーを新しいデザインに。トップグレードのエクセレンス以外のモデルはアルミホイールの意匠も変更されている。インテリアはレザーなどに新色のスレート(グレー)を追加。プラグインハイブリッドのみに備わるクリスタル・シフトノブ(オレフォス社製)が新しくなっている。




全車に装備される、16種類以上の安全・運転支援機能をもつインテリセーフ(IntelliSafe)では、衝突回避・被害軽減ブレーキシステム(City Safety)に「ステアリング・サポート」機能が追加された。これは被害軽減ブレーキだけでは衝突を回避できない場合に、ステアリング操作をアシスト、前後内輪ブレーキを作動させることで緊急回避操作を安全に行えるように支援してくれる装備だ。

価格(税込み)は2LターボのT5 AWD モメンタムが799万円。2LターボディーゼルのD5 AWD モメンタムが869万円、D5 AWD インスクリプションが954万円。2Lターボ+スーパーチャージャーのT6 AWD インスクリプションが964万円。プラグインハイブリッド(2Lターボ+スーパーチャージャー+モーター)のT8 Twin Engine AWD インスクリプションが1124万4444円、T8 Twin Engine AWD エクセレンスが1353万6112円(プラグインハイブリッドは10月以降の納車となるため、消費税10%込み価格)とされた。


なお、ディーゼルエンジン搭載モデル(D5)にはスポーティグレードのR-デザインを特別仕様車として用意する。こちらはスポーティなスタイルの専用内外装パーツを装着、価格を951万2963円(消費税10%込み)としている。

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事