新車の輝きを維持する、新たな選択肢|XPEL JAPAN

Ryota SATO

塗装を保護するものといえば、カーコーティングが代表的なものだが、しかし、いま欧米ではスーパーカーメーカーが標準採用するアイテムがある。PPF(ペイントプロテクションフィルム)。その世界No.1のシェアを誇る米国XPEL社のフィルムが選ばれている理由に迫る。



新車時の輝きを維持したい。そう考えたときに従来であれば、ディーラーオプションとして設定されているケースも多くある、カーコーティングを選ぶのが一般的だった。しかし、近年は欧州のスーパーカーメーカーをはじめ、塗膜保護のために新たな選択肢を採用するケースが増えている。それがペイントプロテクションフィルム(PPF)だ。

ラッピングフィルムと混同されがちだが、用途が異なる。ラッピングはボディ色を変更するためのものである一方、PPFは基本的に透明なフィルムでボディを覆ってオリジナルの塗装を保護することを目的としている。

被膜の厚さでみれば、一般的なガラスコーティングが約 0.3ミクロン、ラッピングフィルムは塩ビ素材で約50ミクロンであるのに対して、PPFは、素材はポリウレタン、厚みは約150ミクロンで、ものによっては200ミクロンのものもある。この数値だけをみても圧倒的な差がある。さらに紫外線を99%カットする特性を備えており、カーボンなど炭素繊維素材の劣化を抑制する効果もある。

クリーンに保たれた施工スペースは、静電気による埃の堆積を防ぐため床全面に水が張られている。ボディ下部への作業時などは、リフトを使ってインストーラーの目線の高さ、体勢にあわせる。作業のしやすさや体への負担を軽減することで、ミスの防止にもつながる。

このPPFにおいて世界 No.1のシェアを誇るのが、米国XPEL社だ。アストンマーティンやマクラーレンなどの一部モデルでは、新車時から純正採用する。また、ポルシェでは公式ホームページのコンフィギュレーターで、例えば 911カレラGTSを選択すると、エクステリアのオプションの中に「保護フィルム(フロント)」という項目がある。実はこれ、XPELの ULTIMATEPLUS(アルティメットプラス)という製品が使われている。

その特長をXPEL社の製品を国内展開するXPEL JAPAN代表の飛鳥田氏はこう話す。
「このフィルムが画期的なのは、自己修復機能を備えていることです。フィルム表面に熱を加えると、飛び石などによる表面の浅い傷や洗車傷などは消えて見えなくなります。フィルムは貼った部分が分からないほど透明度が高く、UV露光によって黄色く変色することもありません。古いポルシェ911ではリアフェンダーの手前に貼られた飛び石対策のフィルムが変色しているケースも散見されましたが、XPELの製品ではそれもありません。また糊の改良によって、フィルムを剥がす際にもきれいに取り除くことが可能です」

さらにXPELの優位性は製品だけでなく、DAP(デザインアクセスプログラム)にある。これを使えば、人の手でフィルムカットするリスクやフィルムの無駄を排除し、カット時間を短縮、大幅に効率を高めることができる。DAPには、現在モデルごとの3Dデータを1Dへと変換したペイントプロテクションパターンが20万以上用意されており、車種や年式、グレード、仕向地、ハンドル位置などによる仔細な違いもデータ化されている。そのデータを使えば、施工者(インストーラー)は無駄なく効率的にフィルムを貼ることができるのだ。

DAP(デザインアクセスプログラム)にあるポルシェ911(タイプ 992)のペイントプロテクションパターンの一部。右のフロントフェンダーがデータ化されたものでヘッドライトと給油口の穴が見える。どの位置から貼ればいいのかもナンバリングされている。

データを見ながらトレーニングが行われていた。日本全国に優秀な施工者(インストーラー)を育成していくのも我々の重要な役割と、XPELJAPAN代表の飛鳥田氏は言う。

インストーラーを育成するためのトレーニングもここで行っている。自動車新規事業開拓への技術習得のため、全国から多くの志望者が訪れる。バンパーなどは形状が複雑で難易度が高いという。

先のポルシェのように飛び石対策としてフロントまわりだけを施工するケースもあれば、やはりボディ全体を覆いたいと、持ち込まれるケースも増えており、PPF業界におけるXPELの占める割合はほぼ 99%というから驚く。近年は国産車オーナーにも認知が高まっており、特に日産 GT-Rやレクサスオーナーからの依頼も増えているという。最後に飛鳥田氏はこれからの展望をこう述べた。

「スポーツカーや高級車だけでなく、もっと身近な存在にしていきたい。例えば降雪地域で雪が溶けてなくなった頃、舗装が荒れて飛び石がひどいという話をよく耳にします。いまカナダでは新車のPPF装着率は約30%にまで伸びており、それは飛び石傷防止のためにスバルなど実用車にも普及しはじめているからだそうです。日本でもそんなふうに使ってもらえるようになればいいなと思いますね」

実用車などにも使ってもらえるようPPFをより身近なものにしていきたいと意気込みを語る飛鳥田秀樹代表

XPEL JAPAN
エクセルフィルム株式会社
〒252 ‐0132神奈川県相模原市緑区橋本台1丁目9-7
TEL:042-703-3788 FAX:042-703-3766


文:藤野太一 写真:佐藤亮太
Words:Taichi FUJINO Photography:Ryota SATO

文:藤野太一 写真:佐藤亮太 Words:Taichi FUJINO Photography:Ryota SATO

無料メールマガジン登録   人気の記事や編集部おすすめ記事を配信         
登録することで、会員規約に同意したものとみなされます。

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE