フェラーリXXシリーズの最新モデル「FXX-K Evo」が登場

2017年10月29日、欧州、北米、アジアパシフィックの3地域で開催されるワンメイクレース「フェラーリ・チャレンジ」の1年を締め括る最終舞台、フィナーリ・モンディアーリにて、サーキット走行限定の実験車輌 XXシリーズの最新モデル、新型FXX-K Evoがワールドプレミアを果たした。

170207_ccl_fxx-k-evo1 のコピー.jpg

2005年からスタートしたXXは、次世代プロダクションモデルの研究・開発を目的としたプログラムだ。エンツォやラフェラーリといったスペチアーレや、599といったモデルをベースに、サーキット専用の実験車両を開発している。XXシリーズは購入することが出来るが、ロードカーとして使うことや、レースのホモロゲーションを得ることはできない。実験車輌のドライビングを通じて、フェラーリの技術開発に関わることを強く望む、ごく限られたスーパーカー・エンスージアストにのみ購入が許されているのだ。

Fxx-K Evo_11 のコピー.jpg

これまでのXXシリーズ同様に、FXX-K Evo にも、フォーミュラ 1 をはじめ、GT3、GTE、そして自らの名を冠したワンメイク選手権専用の Challenge 車輌など、フェラーリが様々なサーキットレースで培ってきた最先端技術が導入されている。

170212_ccl_fxx-k-evo1 のコピー.jpg

FXX-K Evo には、フェラーリの技術者がフェラーリ・スタイリング・センターのデザイナーと共同で開発した最新のエアロダイナミクスが採用されている。綿密な CFD(流体解析)シミュレーションとウィンドトンネル実験を重ねた結果、FXX-K Evo のエアロダイナミクス性能は、GT3 および GTE レース車輌に極めて近いダウンフォース値を獲得。リアに装備したツインプロファイル(2 枚翼)の固定ウイング等により、FXX-K Evo のダウンフォース係数は従来比で23向上しており、速度 200Km/hで640kg、最高速度域では 830kg を超えるという。

Fxx-K Evo_05 のコピー.jpg

リアバンパーのデザインも、新しい気流構造に合わせて改良された。リア・ホイールアーチ後方のバイパス・エアベントは拡大され、ホイールからの後流を確実に引き抜くことで、このエリアの乱流を効果的に処理する。これにより、リアディフューザーへの気流を保護し、ロスを削減することで 5 のダウンフォース増を達成した。

Fxx-K Evo_12 のコピー.jpg

リア・ダウンフォースの大幅な増加に合わせて、フロントエリアもバンパーおよびアンダーボディのデザインも最適化された。フロントバンパーの側面は、ヘッドライト下のエリアを深く内側にえぐったフォルムに変更し、ここに垂直ターニングベーンを備えた 2 つのフィンと、フロントホイール前方の追加エアインテークを装備。このシステムがフロントのダウンフォースを10強化した。

アンダートレーにボーテックスジェネレーターを装備することで、グランドエフェクトも強化。これはリア・システムとフロントアンダーボディによって発生する加速度向上に効果を発揮させるデバイスで、ダウンフォースは FXX-Kと比較して30増加した。

Fxx-K Evo_10 のコピー.jpg

FXX-K Evoは、5000km に及ぶ開発テスト、そして15000km の信頼性テストを経て、3月から10月までの間にサーキット走行が9回予定されている。このマシンは 2018/2019シーズンの XXプログラムでの主力となるだろう。

フェラーリ公式ページ

RECOMMENDEDおすすめの記事


RANKING人気の記事