「イギリスのマリリン・モンロー」と呼ばれた女優がひと目惚れした、マセラティ・ミストラル

Silverstone Auctions

グラマラスな1台には、グラマラスなオーナーが似合う。この1964年マセラティ・ミストラル・スパイダーがまさにそうだ。アールズコート・モーターショーで展示されているのを見て、映画やテレビで活躍した女優のダイアナ・ドースが買い取った。そのルックス、幅広い役柄、恋多き私生活で、“イギリスのマリリン・モンロー”と呼ばれたドースは、常に大衆の注目の的だった。

実はこのミストラルは、ショーのあと、マセラティ・コンセッショネアーズが購入してロンドンのディーラーで試乗車として使う予定だったが、ひと目惚れしたドースがその場で買い取ったため、計画は水の泡となった。右ハンドルでアルジェント・オートゥイユの塗色は、これを含めて14台のみだ。

ドースにとっては一時の気まぐれだったようで、程なくして、ロンドンに住んでいたオーストラリア人が買い取ると、1976年に母国に持ち帰った。以来、彼の地で様々なオーナーの元を転々としたあと、2015年にイギリスに戻ってきた。



依頼を受けたマクグラス・マセラティが、2年を費やして外観もメカニカル面も申し分のない状態に戻し、現在に至る。2022年5月28日のスーパーカー・フェストで開催されたオークションに出品され、シルバーストン・オークションズは、47万5000~55万ポンドという適正な推定落札価格を付けたが、成約には至らなかった。


編集翻訳:伊東和彦(Mobi-curators Labo.) 原文翻訳:木下 恵
Transcreation: Kazuhiko ITO (Mobi-curators Labo.) Translation: Megumi KINOSHITA

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事