土屋鞄、革製品のリユース事業へ本格参入を決定!|持続可能なものづくり

土屋鞄製造所

ランドセルや革小物などの革製品を製造販売する、老舗の鞄メーカーである土屋鞄は、たくさん使用して古くなった自社製品の革製バッグを無料で引き取り、職人によって修理を施した上で再販売を実施すると発表した。同社は2022年6月から本格的にリユース事業への参入を行うという。

使用済みの自社製品の引き取りについては、本年から毎年一定の期間を設けて回収を行い、その後修理を施して蘇った製品は、店頭にて期間限定で再販売を実施。価格については最大でも定価の半額に抑えるという。



そして再販売の際に心配になってくるのが、アフターサービス。万が一に備えて再販売品についても新品と同様の返品保証及び修理サービスが付属する。また、古いバッグの提供者にも嬉しいメリットが。提供者には一回の取引につき20%の割引クーポンが贈呈され、土屋鞄全店舗とオンラインストアで利用することができる(※大人向けの鞄購入時のみ)。



ちなみに、気になる本年の製品引き取りに関しては、2022年6月と10月の2カ月間、全国14店舗と配送(着払い)にて実施。その期間に引き取られた商品は、2022年9月から12月にかけて2回に分けて東京と大阪の店舗で期間を設けて販売される予定だ。


■引き取り詳細について
1回目引き取り期間:2022年6月1日(水)〜6月30日(木)
クーポン有効期限は2022年6月1日(水)〜9月30日(金)

2回目引き取り期間:2022年10月1日(土)〜10月31日(月)
クーポン有効期限:2022年10月1日(土)〜2023年1月31日(火)

対象製品:土屋鞄製造所製のバッグ
受付方法:詳しくはオンラインストアをご確認ください。
 
※今年(2022年)から、毎年2回、レギュラーサービスとして実施予定
※外装と内装にひどい汚れ、破れがあるもの、バッグ製品本体の半分を超える範囲の革に、色褪せや傷、擦れがあるものは、引き取り対象外とさせていただきます
※製品引き取りのお申し込みページは6/1(水)10:00にアップ予定


土屋鞄製造所
https://tsuchiya-kaban.jp

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事