マセラティMC20チェロが登場|空との絆を感じる美しきスパイダー

Maserati

イタリア語で「空」を指す「チェロ(Cielo)」。その言葉を冠したモデルがマセラティから発表された。MC20のスパイダーモデルとして登場した「MC20チェロ」がそれである。MCとはマセラティ・コルセ、20はブランド新時代の幕開けとなった2020年を指しており、その名の通り、マセラティのレーシングDNAの新時代を、オープンエアのもとで楽しむことができるモデルとなっている。



革新的なV6 ネットゥーノ・エンジンを搭載するMC20チェロは、クーペと比べてわずか65kgの重量増に抑えられている。格納式ガラスルーフという独創的な仕様によって、スポーツ性とラグジュアリーを両立させた。

高分子分散型液晶(PDLC)技術により、センタースクリーンのボタンに触れるだけで、車窓は一瞬にして透明から曇った状態へと変化する、最先端のエレクトロクロミック(スマートガラス)ウィンドウが採用されていることも大きな特徴である。ルーフの断熱性や12秒という開閉速度も業界最高レベルを誇る。ルーフを閉じ、窓を曇らせれば何かに包まれたような感覚、ルーフを透明にすれば光が溢れるような感覚、そしてルーフトップを格納すれば外の世界を全身で感じることができる。



また、MC20に装備されたパーキングセンサー、リアビューカメラ、ブラインドスポットモニタリングに加え、新型スパイダーには自動緊急ブレーキ、道路標識情報、新型の360度 カメラといった様々なアクティブ・セーフティシステムが搭載されており、安全面への配慮も万全だ。



バタフライドアを備えた美しいデザインのMC20チェロの日本での価格は税込3385万円を予定しており、発表と同時にマセラティ正規ディーラーでオーダー受付が開始している。デリバリー開始は2023年初春を予定しているという。

オクタン日本版編集部

無料メールマガジン登録   人気の記事や編集部おすすめ記事を配信         
登録することで、会員規約に同意したものとみなされます。

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事

Current ISSUE