激流のダム放水路を駆け上る!新型レンジローバー・スポーツが挑む過酷なチャレンジ

Land Rover

ランドローバーから、第3世代目となる新型「RANGE ROVER SPORT」が、非常にユニークな形で発表された。アイスランドにある、毎分750トンの水が勢いよく流れる世界最大級のカウランユーカルダムの放水路を新型レンジローバー・スポーツで走破するという形で披露されたのだ。一歩間違えれば、そしてもしトラクションを損なえば、ダムの放水路の麓から、その下の谷底まで90mも落下する危険をともなう過酷な挑戦である。

英国ゲイドンにある、ジャガー・ランドローバーのアドバンスト・プロダクト・クリエーション・センターで開催した発表イベントでは、激流のダムの放水路を駆け上るという前代未聞のチャレンジの様子が初公開された。ジェームズ・ボンド映画の公式スタントドライバーであるジェシカ・ホーキンス氏がハンドルを握り、そのグリップ、トラクション、パフォーマンス、安定性を披露。レンジローバー・スポーツはこれまでにも、パイクスピーク・ヒルクライムのSUV新記録樹立、“EMPTY QUARTER”と称されるアラビア半島の砂漠の初横断、そして2018年には中国・湖南省の天門山にある「天国への扉」へと続く999段もの急階段の初走破など、さまざまなチャレンジを達成してきている。



ジャガー・ランドローバーのヴィークル・プログラム担当エグゼクティブ・ディレクターであるニック・コリンズは次のようにコメントした。
「ランドローバーの先駆的なMLA-Flexアーキテクチャーと最新のシャシーシステムが一体となり、『RANGE ROVER SPORT』史上最高レベルのダイナミズムが実現しました。インテグレーテッドシャシーコントロールでは、スイッチャブルボリュームエアスプリングからダイナミックレスポンスプロ、電動アクティブロールコントロールまで、あらゆる革新的な技術を統合しています。その結果、これまでで最も魅力的でスリリングな『RANGE ROVER SPORT』が完成しました」



スタントドライバーの、ジェシカ・ホーキンス氏は次のように述べている。
「谷側から見る放水路の水の勢いはものすごく、手に汗握るほどの迫力でした。もしもの場合は斜面の下に90mの落差が待っているとわかっていながらの走行は、これまで成し遂げたことのない最もチャレンジングなドライブとなりました。急勾配と急流をものともせず、新型『RANGE ROVER SPORT』はいとも簡単に走破したのです。そのトラクション、安定感、そしてコマンドポジションからの圧倒的な視界は、私に大きな自信を与えてくれました。とても楽しいチャレンジでした」

新型レンジローバー・スポーツのダイナミックな走破性をユニークな形で表現したムービーは必見だ。まさに百聞は一見にしかず。まずはその目で確かめてみていただきたい。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事