【Ferrari 70th】vol.6:フェラーリの70周年をモデナで祝福

Ferrari 70th Anniversary at Fiorano

千人以上の熱心なフェラーリファンたちと共に創立70周年をマラネロで祝う。世界中で開催された一連のアニバーサリー・セレブレーション。そのハイライトというべきイベントが、9月9日〜10日の2日間に渡り、モデナのフィオラノ・サーキットを舞台に開催された。

170755-manifestazione-70-anni-show.jpg

マラネロを訪れる。フェラーリファンでなくとも、車好きなら一度は"やってみたい"ことだろう。それだけでも憧れるというのに、何か特別な日に聖地を訪ねることができたなら。それこそフェラーリファンの本望というものだ。

1.jpg

土曜日の午後、マラネロの中心部に近づいてみれば、普段の様子からは想像できないほど、"真っ赤な人々"で賑わっている。いつもはテストカーかレンタカーでしか見ない跳ね馬が、うじょうじょとそこら中にいる。

2b.jpg

メインイベントはフィオラーノ・サーキット内で行なわれた。限られた顧客しか入れない。やってきた多くの人たちは、ただ同じ場所で祝福するためだけに集まってきたということ。彼らの"お目当て"は、モデナとマラネロで行なわれた名馬パレードだったのだろう。インターナショナルツアーの跳ね馬たちも何百台と集まったから、街に来ただけでも十分にお祭り騒ぎができるというわけだ。

2c.jpg

普段は滅多に入れない、スクーデリア・フェラーリ脇の裏口からプレスをのせた小型バスがフィオラーノの中へと入っていった。コルセ・クリエンティの建物を見ながら、トラック脇へ。コース脇に並ぶ色とりどりの跳ね馬たちが見えてきた。

2a.jpg

バスを降り、ゲートへ一目散!厳重なパスチェックを受けて、いざ、フィオラーノ内へ。有名な建物群を正面に、左手、トラックコースが立体交差へと向かう登りの右コーナーあたりを中心としたコースサイドに、コンクール出展車両が20のクラスに分かれて展示されている。その数、ざっと120台。さすがに大規模だ。

3b.jpg

右手には大きなスタンドが見える。メインイベントステージが置かれ、その向こうに、これまた巨大なホスピタリティテントが設えてあった。

170692-manifestazione-70-anni-sabato.jpg

土曜日の午後は、ステージにおいて話題のRMサザビース・オークションが開催された。最初から最後まで、スタンドで"鑑賞"する。最高落札車は、チャリティオークション用にフェラーリが出品した210台目のラフェラーリ・アペルタで、落札額はなんと830万ユーロ!軽く11億円超え(手数料除く)だ。その他、250GTカリフォルニアスパイダーLWBの700万ユーロや、250GT SWBコンペティチオーネの735万ユーロなど、ミリオンユーロが続々と落札されていく。キースリチャードが1stオーナーだという400iが30万ユーロには驚いた!

4.jpg

その夜は、セルジオ・マルキオンネ会長兼CEOによるスピーチに始まり、降りしきる雨のなか歴代のGTやレーシングカーによる"歴史絵巻"が繰り広げられ、〆のジャミロクワイ登場で、会場は騒然。イベントは深夜まで続く。

170826-manifestazione-70-anni-concorso-eleganza.jpg

翌日、日曜日のハイライトは、コンクール・デレガンスの表彰だった。20クラスのそれぞれ3ベストが発表され、壇上に招かれる。クラス1位の20台のなかから、この記念すべきイベントのベスト・オブ・ショーが発表された。チーフジャッジのアロルフォ・オルシが、GT部門はテスタロッサ・アニエッリ・スパイダー、レース車両部門は340MMヴィニャーレ、と告げると、大歓声が巻き起こり、70周年イベントinマラネロは参加者の大満足とともに、無事、その幕を下ろしたのだった。

文:西川 淳 Words: Jun NISHIKAWA

本記事は9月26日に発売のオクタン日本版特別編集「Ferrari 70th」に全文が掲載されている。

「Ferrari 70th」のお求めはこちら
 ■ amazon:http://amzn.asia/hCEoqlF
 ■ Fujisan:http://www.fujisan.co.jp/product/1281701148/

RECOMMENDEDおすすめの記事