レーシング・ヒストリーのDNAが詰まったマセラティ限定車「MCエディション」

Maserati

マセラティから、レーシングの栄光の歴史を称える限定車が登場した。マセラティ コルセ(Maserati Corse)の頭文字を冠したこの「MCエディション」は、まさにパフォーマンスの追求とレーシングスピリットというブランドのDNAを象徴するもので、ギブリとレヴァンテ、クアトロポルテに設定される(日本への導入予定はギブリとレヴァンテのみ)。

MCエディションは、96年前にアルフィエーリ・マセラティがタルガ・フローリオの1500ccクラスをティーポ26にて制覇したマセラティのレーシング・ヒストリーの起源を体現している。初めてボンネットにトライデントのエンブレムを掲げ、卓越したパフォーマンス、勝利にこだわる姿勢、そして豪快な運転の楽しさを世界にアピールした瞬間である。

今回のスペシャルエディションでは、歴史を引き継ぐレーシング体験をギブリ、レヴァンテにおいて再現。Giallo Corse(ジャッロ・コルセ)とBlu Vittoria(ブルー・ヴィットーリア)という専用カラーが2色用意された。黄色と青色は、スーパーカーの聖地として有名なイタリアのモーターバレーを象徴するとともに、マセラティの本拠地でもあるモデナのオフィシャルカラーでもある。





Giallo Corseは3層の黄色に、光の加減でかすかに表れるブルーマイカを加え、スポーティで先進的な外観を実現。対照的にBlu Vittoriaは3層のマットブルーで極めて深い青色でインパクトを出しながらも、斬新でモダンなカラーにより、鮮明な印象を残すものだ。

外装に合わせて、MCエディションには、ピアノブラック色の特徴的なディテール、そしてリアフェンダーとBピラーに専用バッジが与えられている。また、レヴァンテMCエディションは22インチホイール、ギブリは21インチホイールを装着し、ホイールリムのグロスブラック仕上げとブルーのブレーキキャリパーが足元を引き締める。



MCエディションのコンセプトである、レースへの情熱やモデナからのインスピレーションは内装にも見ることができる。ナチュラルな「ネロ・ピエノフィオーレ・ブラック・レザー(Nero Pienofiore black leather)」と呼ばれる高級皮革の全面に黄色と青色のステッチが施され、またデニムがアクセントとして加えられている。ヘッドレストにはMCエディションのロゴがエンボス加工され、専用エンブレムがコンソール中央に配置された。



インパクトのあるカラーリングは、ワクワクすると同時にスーパーカーの聖地として有名なイタリアのモーターバレーのDNAへ思いを馳せることができる。MCエディションは、2022年2月より順次各国で販売が開始され、日本には年内に導入される予定だ。

オクタン日本版編集部

無料メールマガジン登録   人気の記事や編集部おすすめ記事を配信         
登録することで、会員規約に同意したものとみなされます。

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事

Current ISSUE