レコードブレーカーのアウディ200も登場!歴史的レーシングマシンがオークションに大量出品

Bonhams

ボナムスがパリで開催する「レ・グランド・マーケス・ア・パリ・セール」は、モータースポーツの血統を持つコレクターズカーを手に入れる貴重なチャンスとなる。「Property from the Collection of a Gentleman Driver」をテーマにした出品群では、23台のレーシングカーとレプリカが登場。その中でも、世界記録を破った1988年の「Audi 200 Turbo Quattro Nardo 6000 Speed Record Car」は、3900万~6400万円の予想価格になっている。

わずか3台しか生産されなかった現存する唯一のワークスカーで、当時のフォルクスワーゲングループ会長、フェルディナント・ピエヒ博士の監修のもと、NASCARのレギュレーションに則って製作された。軽量ケブラーエプロンとフェンダー、アルミニウムルーフとドア、プレキシガラスウィンドウを装備し、アウディの2.2リッター直列5気筒エンジンを搭載、出力360hp、最高速度350km/hを誇った。

イタリアのテストコース、ナルドリンクで2つの世界記録と9つのクラス記録を樹立したこのマシンは、記録達成者の一人であるシギ・ブルン博士がアウディから直接購入したものである。 

この車はDTMのチームスノベックによって製作され、1991年のDTM選手権ではアラン・クディーニが、その後1992/1993年のベルギープロカー・シリーズではミシェル・ノイガルテンがキャンペーンを担当した。



また、1982年式のBMW E28 528i 'Eggenberger' Competition(推定1500万-2300万円)も出品される。この車はその年のヨーロッパツーリングカー選手権に参戦し、スパ-フランコルシャン24時間にも数回出場している。

レース用レプリカ

このコレクションで出品されるレース仕様のレプリカの中でも注目すべきマシンは、推定3200万~4500万円の1975年式シボレー・モンツァAMSA AAGTレプリカレースカーだ。この車はベルカーヒストリックカップレース優勝車でルマンクラシック参戦資格もある。



ネルソン・ピケのニュルブルクリンク1000km優勝車と同じ仕様で作られた、1995年式ザウバーC9「BMW M1」グループ5 BASFレプリカ(推定2600万-3900万円)や、1978年式メルセデスベンツ450 SLC 5.0ダカールレプリカ(予想価格1900万円~2600万円)も注目株だ。





 その他のモータースポーツのハイライトは以下の通りだ。

カーボディーズによるコーチワークの1931年式インヴィクタ 4 1/2リットル Sタイプ ローシャーシ スポーツセンチネル。ヴィンテージ時代の最高級スポーツカーのひとつであるこのSタイプは、77台製造されたうちの1台。ミッレミリアを含む世界中の最も権威あるクラシックカーイベントへ参加することも可能だ。 



シャシーNo. 630-05の2007年式 マトラ MS630 スポーツプロトタイプ コンティニュエーション。オリジナルの設計図をもとに製作され、GT40タイプのエンジンを搭載した、1967年シーズンのMSCのオーソライズドコンティニュエーション。すぐにレースに参加でき、最も権威あるモータースポーツイベントにも参加できるこの車は、2013年のマスターズ・シリーズでキャンペーンを行い、2015年のデイトナ・クラシック予選レースで優勝している。



1966年製ポルシェ911 2.0L SWB FIA。初期のショートホイールベースの例であるこの車は、2000年からフランスのヒストリックモータースポーツに参戦しており、今年のル・マン・クラシックレトロスペクティブへの参加権とともに提供される。2013年のマスターシリーズと2015年のデイトナ・クラシック(予選レース優勝)でキャンペーンを行ったことがあり、最も権威のあるイベントに参戦する準備は万端だ。



ボナムス・レ・グランド・マーケス・ア・パリ・セールは、2月3日にフランスの首都パリの中心、シャン・ド・マルスにあるグラン・パレ・エフェメールの展示パビリオンで開催される予定だ。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事