どちらも最高にクール!50年前の「911S 2.4タルガ」と、最新の「911エディション50Yポルシェデザイン」

Porsche

ポルシェジャパン株式会社は、ポルシェデザインの50周年を記念して911タルガ4GTSをベースにした限定モデル「911エディション50Yポルシェデザイン」の予約受注を1月19日(水)より全国のポルシェ正規販売店にて開始した。

エクスクルーシブなスペシャルエディション:クラシックなデザインを現代風にアレンジ

911エディション50Yポルシェデザインは、F.A.ポルシェのアイコニックなデザインにインスパイアされた多数の装備を備えた750台のリミテッドエディションだ。過去へのオマージュを込めたオールブラックのエクステリアに加えて、クラシックなチェック柄のSport-Texシートセンターや、スポーツクロノパッケージ(標準装備)のレッドの秒針のポルシェデザイン サブセカンドクロックが含まれる。





このユニークな車は、フェルディナンド・アレクサンダー・ポルシェに敬意を表して、1972年に彼がデザインした伝説の腕時計「クロノグラフI」と同じカラーに塗装され、エクステリアとインテリアの両方にブラックが使用されている。プラチナサテン仕上げの“Porsche Design”ロゴ入りのクラシックなサイドストライプがサイドを飾る。





スペシャルハイライトのタルガバーもレーザー加工を施したプラチナサテン仕上げで、これは、ブラッシュステンレススチールだったオリジナルのクラシックモデルの新解釈となる。“targa”ロゴはマットブラック仕上げだ。スペシャルエディションモデルと同様に、リアエンジンカバーのグリルには、F.A.ポルシェのシグネチャーと“Porsche Design 50th Anniversary”バッジが付いている。希望小売価格(消費税込)は2505万円。



唯一無二:F.A.ポルシェのサイン入り911S 2.4タルガ

並行して、ポルシェクラシックでは、ポルシェデザインの50周年を祝うユニークなプロジェクトとして、ポルシェデザインが設立された1972年の911S 2.4タルガのレストアに2年をかけて取り組んできた。



ベース車両である1972年の911T 2.4タルガは状態が悪く、一部の部品が不足していた。これは、通常のレストアプロジェクトの開始にあたっては注意すべきことだが、今回のモディファイ計画ではさほど問題にはならなかった。



ポルシェクラシックの専門家たちの手によって、エンジンとシャシーがSバージョンのスペックへとアップグレードされた。これは当時の最上位モデルで、排気量は2,341cc、6,500rpmで190PSを発生し、機械式フューエルインジェクションを装備していた。



「911エディション50Yポルシェデザインに歴史的な対比となるモデルを創り出すことが目的でした。私達は、新しいSonderwunsch(特別な願い)プログラムの助けを借りて、このユニークな車両の組み合わせのアイデアを実現することができました。デザイナーとレストア担当者の任務は、新車のスペックをクラシックカーに慎重に移すことでした」と、ポルシェクラシック責任者のウルリケ・ルッツは説明する。






ポルシェミュージアムでの特別展

また、ポルシェミュージアムはポルシェデザインの50周年を祝して、2022年7月11日まで特別展を開催。F.A.ポルシェの生涯、彼のデザイン哲学、多大な創造的影響に関する情報も掲載され、50年にわたる展示品と多数の製品シリーズが展示される。 



ポルシェデザインの誕生を象徴するのがクロノグラフIで、この伝説的な時計の2つのバージョンが特別展の最大の呼び物となっている。そのデザインコンセプトは他の展示品にも広がっており、P8478アビエイターサングラス、ストップウォッチプッシャーを内蔵したモノブロックアクチュエーター クロノタイマーシリーズ、P3613タバコパイプ、P9521携帯電話などが含まれる。ポルシェミュージアムのバルコニーには、F.A.ポルシェ自身が所有した993スピードスターと、彼が傑作と評した904が展示される。ポルシェクラシックによってレストアされた1972年のポルシェ911S 2.4タルガと、新しい911エディション50Yポルシェデザインも特別展で見ることができる。



ポルシェデザインについて

「機能について熟考しているときに、フォルムが自然に現れることがあります」 

 F.A.ポルシェは、ポルシェデザインのエンジニアとデザイナーの現在に至るまでの行動原則をこのように説明している。彼は1972年に、弟のハンスペーターと共にポルシェデザインを設立する。ポルシェ911のデザイナーでもあった彼は、自動車の境界を越えてポルシェの原則と精神を伝える会社を構想した。現在ポルシェデザインのマネージングディレクターを務めるローランド・ハイラーと彼のチームは「良いデザインは誠実でなければならない」というF.A.ポルシェの哲学に従っているのだ。ポルシェデザインは純粋な美しさを備えた機能的で耐久性のある製品で知られる、国際的に有名なプレミアムライフスタイルブランドとなっている。

オクタン日本版編集部

無料メールマガジン登録   人気の記事や編集部おすすめ記事を配信         
登録することで、会員規約に同意したものとみなされます。

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事

Current ISSUE