ポール・スミス氏が、勲章を受勲|英国ファッション界への貢献

Paul Smith Limited

2022年1月12日(水)、ファッションブランド “ポール・スミス”のブランド創業者であり、デザイナーとしても活躍するポール・スミス氏が、英国におけるファッション業界の発展に貢献したとして、「コンパニオン・オブ・オナー勲章」を受勲した。

この勲章は、1917年にジョージ5世によって創設されたもので、特別栄誉賞の中でも最高位あたる賞である。君主と65名のメンバーで構成されており、現在までに芸術や科学、医学など、国家的に重要な分野で大きな貢献を果たした人物に授与され、デイム・マギー・スミス、サー・デイヴィッド・アッテンボロー、サー・エルトン・ジョン、サー・イアン・マッケラン、サー・ポール・マッカートニーなどが名を連ねている。



今回のポール・スミス氏の受勲が発表されたのは、2020年のエリザベス女王の誕生日。宮殿からは「ポール・スミスのサクセスストーリーは、英国の勤勉さ、創造性、起業家精神を表しています。何の資格も持たず学校を中途退学し、ノッティンガムの小さな店から慎ましくスタートし、現在では52カ国で展開するポール・スミス王国を築き上げました。そして現在もチェアマン兼デザイナーとして、自身が1970年に創業したビジネスのあらゆる側面で主導権を持ち続けています」と、声明が発表された。

その後ウィンザー城でおこなわれた授与式にポール・スミス 氏は、ドーメルのウールホップサック素材で仕立てた3つボタンのネイビースーツを纏って出席。ファッションデザイナーとして、初めてのコンパニオン・オブ・オナー勲章受勲者となったのだ。

今回の受勲に対し、ポール・スミス氏は次のようにコメントしている。
「『コンパニオン・オブ・オナー』を授与する、という手紙を受け取ったときには本当に驚きました。このような素晴らしい人々のリストに加わることができ、大変光栄に思います」

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事