日本から世界へ!BBSが2022年シーズンからF1とNASCARにホイールを独占供給

Octane Japan

東京オートサロン2022会場で、BBSジャパン株式会社からビッグニュースが発表された。2022年シーズンよりF1とNASCARにホイールをワンメイク供給することになったという。

F1とNASCARは、白熱したレースを生むための条件として2022年より統一ホイールを導入し、18インチへとアップする。BBSのホイールはF1については2022年シーズンから4年間、NASCARにおいては同年よりコンペティションパートナーとして3年間にわたり独占供給することになった。



F1用マグネシウム鍛造ホイールを世界で初めて開発し、約30年にわたってF1チームへのホイールを提供してきた実績や技術開発力などが評価され、このたびの契約締結につながった。

BBSジャパンは、高剛性と可能な限りの軽量化が求められる、これらカテゴリーに参戦することで通して一層技術を磨き、市販品へのダイレクトなフィードバックも強化していくとコメントしている。国際的なこれらのビッグレースを足元から支えていくBBSの活躍に今後も注目していきたい。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事