これでも「放棄していない」と言える!?廃屋で見つけた埃とサビだらけの大量のクラシックカー|草むらをかき分けた先にあったもの

The Bearded Explorer

「バーンファインド」、つまり納屋や倉庫で発見された長年眠っていた車両たち。国内外でしばしば話題になっているが、つい最近動画が公開されたイギリスのバーンファインドも非常に興味深いため、ここでご紹介したいと思う。



Urban Exploring & Video Creatorである「The Bearded Explorer」が投稿したこの動画は、草むらをかき分けて納屋へ進むところから始まる。そこに現れたのは、朽ち果てたいくつもの納屋だ。ひとつひとつの建物を探検していくと、その中には何十年もそのままに置かれているような、埃やサビにまみれた何十台ものクラシックカーがあった。





2台のポルシェ911やポルシェ356、ロータスヨーロッパ、ジャガーMkII、ベントレーMk 6、MGなど、ほとんどすべての車は埃に覆われ、見ていると物悲しくなるほどの酷い状態だ。投稿者によると、これらは決して「放棄された」ものではなく、同じ所有者が何年にもわたってこの場に保管しているものだという。ちなみに、場所は「イギリスのどこか」としか明らかにされていない。







これらの車両が今後どうなるのか、日の目を見ることはあるのか、自動車好きであれば気になるところではあるが、百聞は一見に如かず、まずは当該動画をチェックしてみていただきたい。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事