色がなんとも素敵!歴史的名作「GT1300ジュニア」にインスパイアされたアルファロメオの限定⾞

Alfa Romeo

スタイリッシュなデザインとスポーティな⾛⾏性能で好評を博し、1965年の登場から1977年までに10万台近くが生産されたアルファ ロメオ GT1300 ジュニア。そのGT1300 ジュニアに着想を得た限定車が登場した。アルファ ロメオのスポーツサルーン「Giulia(ジュリア)」、ならびにSUVの「Stelvio(ステルヴィオ)」にデザイン性とスポーツ性をそれぞれ⾼めた限定⾞「Giulia / Stelvio GT Junior(GTジュニア)」が設定されたのだ。



エクステリアに採用されたのは、限定⾞専⽤の「リーパリーオーカー」。このペイントはかつてGT1300 ジュニアにも採用されたカラーを現代風にしたもので、古き良き時代を彷彿とさせつつもモダンな印象も感じられる色合いだ。



ジュリアでは19インチ、ステルヴィオでは21インチとなる新5ホールデザインアルミホイールを装着、ブラック仕上げのブレーキキャリパーが組み合わされる。フロントグリルやミラーハウジング、エグゾーストパイプもブラック仕上げとされ、エクステリアカラーとも絶妙にマッチしている。



インテリアにはダブルサンルーフや、シートヒーターが前席に加えて後席にも特別装備され、明るく快適なキャビンを実現。足回りには減衰⼒調整式のアクティブサスペンションと、コーナーの⽴ち上がりでのトラクションと⾛⾏安定性を高めるリミテッドスリップディファレンシャル(LSD)を搭載し、スポーティな⾛⾏性能が⾼められている。



歴史的な名車にインスピレーションを得ながら、現代のエッセンスも取り入れられたジュリア/ステルヴィオ GT ジュニアは、デザイン性とスポーツ性を両立する、アルファ ロメオらしさが凝縮された1台だといえるだろう。

ジュリアは99台、ステルヴィオは40台の限定販売で、メーカー希望小売価格(税込)は、ジュリアが6,800,000円、ステルヴィオは7,920,000円となっている。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事