2021年のクラシックカーイベントで最も魅力的だったものは?|第11回ヒストリック・モータリング・アワード受賞者発表【中編/イベント部門ほか】

Octane

クラシックカー業界で唯一の世界的な賞で、最も権威ある賞として認められているヒストリック・モータリング・アワード。前編では出版物やミュージアムの受賞者を紹介した。今回は人物やイベントにフォーカスしよう。

クラシックカーアンバサダー部門
ドミニク・テイラー-レーン
ドミニクは、匠の技を未来に伝え、技術共有を促進するため、非営利のヘリテージエンジニア協会を設立。業界の結束を呼びかけ、クラシックカーの大きな利点としてサステナビリティーとリユースを推進するよう、日夜努力している。また、ヘリテージクラフツ協会やブルックランズ・ミュージアム・トラスト、ブガッティ・トラストなどとも協力関係を築いている。サステナブル・スキルズ・ネットワークの設立にあたって、その意義を「人を出し抜くためでなく、私たちの声を増幅するため、燃えかすを崇めるのでなく、火を絶やさないため」と見事にまとめている。

次点
サイモン・キッドストン
ウィリアム・ロクラン
ドナルド・オズボーン
アン・ブロッキントン・リー

個人功労部門
アンドリュー&デヴィッド・バグリー
アンドリューとデヴィッドのバグリー兄弟は、2006年にロンドンのハーリンガム・クラブでサロン・プリヴェを初開催した。二人の努力によって、今ではメイン会場のブレナム宮殿から周辺のウッドストック村に広がる5日間のフェスティバルに成長した。サロン・プリヴェの強みは来場者へのもてなしにあり、極上の食事や無料のシャンパンなどで、特別な経験を誰もが楽しめるようにしている。バグリー兄弟は、自動車業界や高級ライフスタイルブランドから強力な支持を常に取り付けてきた。また、国際審査員諮問グループ(ICJAG)と連携することで、サロン・プリヴェは、ザ・ペニシュラ・クラシックス・ベスト・オブ・ザ・ベスト・アワードの対象となるエリートコンクールの一角を占めている。

次点
ビル・ウォーナー
フィリップ・サロフィム
ヘンリー・ピアマン
ポール・マイケルズ

コンクール部門
ザ・クエイル―ア・モータースポーツ・ギャザリング
モントレー・カーウィーク期間中にペニンシュラ・クラシックスが主催するエクスクルーシブなイベントで、アメリカの自動車文化の柱といっても過言ではない。このイベントの魅力は、チケットを1枚購入すれば、コンクールへのエントリーはもちろん、最高級の飲食をすべて楽しめる点で、この方式を19年間も続けている。ラグジュアリーなガーデンパーティーの舞台となるのは、クエイルロッジ&ゴルフクラブ。2021年のベスト・オブ・ショーは、1938年メルセデス・ベンツ540Kスペシャル・ロードスターだった。Octane賞は、アン・ブロッキントン・リーが所有するフィアット・エデン・ロックで、自動車界の巨人ジャンニ・アニエリがオーダーしたたった2台のビーチカーの1台だった。

次点
アメリアアイランド・コンクール・デレガンス
シドニーハーバー・コンクール・デレガンス
サロン・プリヴェ
コンクール・オブ・エレガンス

自動車イベント部門
ザウテ・グランプリ・ウィーク
ザウテ・グランプリは、最高級の車、ライフスタイル、アートの素晴らしき世界が楽しめるイベントで、ベルギーの高級リゾート地クノックヘイストを中心に、ブルージュとオーステンデを含む地域で開催される。ラリーやコンクール・デレガンス、オークション、数日間にわたるGTツアーなど、内容も多彩。2020年は参加を制限した“プライベート・エディション”だったが、2021年は完全な復活を遂げた。

次点
アウト・エ・モト・デポカ
グッドウッド・スピードウィーク
ペブルビーチ・レトロオート
ビスター・スクランブル

モータースポーツイベント部門
シルバーストン・クラシック
2021年のシルバーストン・クラシックは、2020年に迎えた30周年を記念するイベントとなり、新記録となる来場者が詰めかけ、テレビでも放送。21のレースのほか、過去の名勝負を再現する“グレイテスト・ヒッツ”も開催した。イベントのルーツは1990年のクリスティーズ・ヒストリック・フェスティバルにさかのぼる。今年は3日間にわたって30周年を祝い、充実のグリッド、クラブによる展示、オークション、記録的な台数のパレード等で、大変な盛り上がりだった。

次点
ロレックス・モントレー・モータースポーツ・リユニオン
ラリー・ザ・グローブ・クローバーリーフ・シリーズ
VSCCプレスコット・ショートコース
ツール・ド・コルス・ヒストリーク


後編ではいよいよカー・オブ・ザ・イヤーを紹介する。

翻訳:木下 恵 まとめ:オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事