現代美術家の宮島達男氏とコラボレーションした、ブルガリの限定モデル

BVLGARI

ここ数年間、ブルガリと日本との間には特別な繋がりを感じるモデルがいくつか生まれている。“bello e ben fatto (美しいもの、巧みに作られたもの)”を讃えながら、音楽家や画家など日本人芸術家とのコラボレーションを重ねてきた。そして、今回発表されたのは、世界で活躍する現代美術作家である宮島達男氏とのコラボレ―ション。ブルガリのオクト フィニッシモをベースに日本限定のコレクションが製作された。

宮島達男氏といえば、「それは変化し続ける」「それはあらゆるものと関係を結ぶ」「それは永遠に続く」という3つのコンセプトを設定し、1980年代より1から9までの数字が変化するLED(発光ダイオード)のデジタルカウンターを使用したインスタレーションや作品の創作している現代美術作家。彼の作品のモチーフであるデジタル数字では、“0”が表示されない。1から9までの数字が変化を繰り返すことで、人間にとっての時間やライフサイクルの永遠性を示唆しているという。

そんな彼が手がけた今回のモデルでは、彼の思想と宮島作品のアプローチであるミニマルで洗練されたデザインを採用。また、モデルの詳細について宮島氏は、以下のようにコメントしている。

右)©Anna Kuce 

「人類は、自然界には存在しなかった『数』を発明したと言われている。数を数えられるようになり、昨日や明日、10日後などの日数の区別がつき、人はついに『時間』を認識するようになった。今回のOCTOデザインでは、この根源的な『数』をモチーフに、私がいつも作品で使用する7セグメントのデジタル数字を文字盤に配置しました。

この7セグメントのデジタル数字は、7つのパーツ1組でありながらしかも、1から9までの全ての数字を表現できる。今回、自動巻きモデルでは、そのデジタル数字をブラックとグレーの地の上に、型押ししてあります。見る人が様々に変化する数字を自由に連想できるように特定の数字や色に言及せず数字の型のみを表したのです。また、ミニッツリピーターモデルでは、文字盤をデジタル数字で切り抜き中のムーブメントを覗き見えるように。時計のメカニックとデジタル数字とのダイレクトな関係性から変化する数字を連想してもらいたいです。いずれにしても、これら『7セグメントのデジタル数字』と『時』の関係に思いを馳せ『腕にある無限の時間』を感じてもらいたいです」    

なお、「オクト フィニッシモ 宮島達男 日本限定モデル」 コレクションはチタニウム、セラミック、スケルトンダイヤル仕様の計3種類のバージョンが用意されており、それぞれ限定モデルとなっている。

オクト フィニッシモ 宮島達男 日本限定モデル チタニウム
キャリバーBVL138 機械式マニュファクチュールムーブメント、自動巻き、毎時21,600振動、パワーリザーブ約60時間、防水性30m防水、数字の“8”をレーザーテクスチャリング加工したチタニウム製ダイアル、ケース径 40mm、厚さ 5.00mm、サンドブラスト加工を施したチタニウム製ケースとベゼル、サンドブラスト加工を施したチタニウム製リューズにセラミック製インサート、宮島氏のサインがプリントされたシースルーバックケース、限定120本、2022年1月発売予定
価格:202万4000円(税込)


オクト フィニッシモ 宮島達男 日本限定モデル セラミック
キャリバ―BVL138 機械式マニュファクチュールムーブメント、自動巻き、21,600振動、パワーリザーブ約60時間、防水性30m防水、数字の“8”をレーザーテクスチャリング加工およびPVDコーティングを施したセラミック製ダイアル、ケース径 40mm、厚さ 5.50mm、セラミック製ケースとベゼルセラミック製リューズとインサート、宮島氏のサインがプリントされたシースルーバックケース、限定120本、2022年1月発売予定
価格:221万1000円(税込)


オクト フィニッシモ ミニッツリピーター 宮島達男 日本限定モデル
キャリバーBVL362 機械式マニュファクチュールムーブメント、手巻き、振動数 毎時21,600振動、パワーリザーブ約42時間、防水性50m防水、数字の“8”の字にくり抜いたチタニウム製スケルトンダイアル、ケース径 40mm、厚さ 6.60mm、サンドブラスト加工を施したチタニウム製ケースとベゼル、サンドブラスト加工を施したチタニウム製リューズにセラミック製インサート、チタニウム製プッシュボタン、宮島氏のサインがプリントされたシースルーバックケース、ユニークナンバーの刻印(No.1-3)、限定3本、2021年11月発売
価格:2277万円(税込・予価)



ブルガリ ジャパン
https://www.bulgari.com/ja-jp/

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事