LMDhプロトタイプも発表|ポルシェの次なる獲物はフォーミュラEと世界耐久選手権のタイトル!

Porsche

ポルシェは、2022年のモータースポーツシーズンにおいて意欲的な目標を立てている。主な焦点は、ABB FIAフォーミュラE世界選手権とFIA世界耐久選手権の2つのワークスエントリーにある。また、2人の新しいドライバーがドライバーラインアップに名を連ねることになった。

さらに、カスタマー・スポーツ活動の拡大と、新しいLMDhプログラムへの入念な準備も、活動スケジュールに追加された。

「モータースポーツは、ポルシェの企業戦略において常に特別な役割を担っており、70年以上にわたってレースの舞台を最新テクノロジーの実験場として活用してきました。私達は今日、スポーツ面でも組織面でも、大きな課題に直面しています。私達はモータースポーツのDNAを維持しながら、未来を形作るために積極的な役割を果たそうと心に決めています」とポルシェAGの取締役会会長であるオリバー・ブルーメは、デジタル・ポルシェ・ナイト・オブ・チャンピオンズで述べた。



また、研究開発担当役員のミヒャエル・シュタイナーは、
「私達は、サステイナビリティと電動化を優先事項の中で非常に重要な位置に置いています。これは将来のモータースポーツにも反映されることでしょう。エクソンモービル社との提携によるeFuelsの開発、そして当社のコンセプトカーMission Rをご覧いただければ、この方向への大きな一歩が踏み出されたことがおわかりいただけるでしょう」

「例えば、ミュンヘンで開催されたIAA MOBILITY 2021で発表された全電気駆動のレーシングカースタディ『Mission R』はセンセーションを巻き起こしました。最大800kW(1,088PS)を発揮するこの壮大な全輪駆動レーシングカーは、未来のカスタマー・スポーツカーの可能性を示すビジョンです」と語っている。

タグ・ホイヤー・ポルシェ・フォーミュラEチームは、レースでの初勝利を目指す

2022年に第8シーズンがスタートするABB FIAフォーミュラE世界選手権シリーズ。タグ・ホイヤー ポルシェ フォーミュラEチームは、次の世界選手権大会に向けて野心的な目標を掲げている。ポルシェ99Xエレクトリックの大きな潜在能力が期待されているのだ。

「私たちがレースに勝つために必要なものを備えていることに、まったく疑いはありません。このシーズンのハイライトを見れば、それは明らかです。この数カ月、ヴァイザッハの開発チームはレギュレーションで認められたすべての改良を行いました。ポルシェ99Xエレクトリックが来シーズンの先頭を走ることができると強く信じています。タグ・ホイヤー ポルシェ フォーミュラEチームでは、ワークスドライバーのアンドレ・ロッテラー(#36)とパスカル・ウェーレイン(#94)は、2022年に再びヴァイザッハからチームのグリッドにつく予定です。2人のうちどちらかが脱落した場合は、シモーナ・デ・シルベストロとニール・ヤニが参戦することになるでしょう。新シーズンは、2022年1月28日・29日にサウジアラビアのディリーヤで開催される2レースでスタートする予定です」と、今年10月1日にフリッツ・エンツィンガーからポルシェ・モータースポーツの経営を引き継いだトーマス・ローデンバッハは話す。

FIA WECに2台のワークスポルシェ911 RSRが再びエントリー



世界耐久選手権(FIA WEC)において、ポルシェは2022年シーズンも515PSの911 RSRを2台投入しする。この2台のレーシングカーは、総合プロジェクトマネージャー兼オペレーション責任者のアレクサンダー・ステーリッヒの指揮のもと、今後6戦に参戦し、ドライバークルーも若干異なる。91号車は、イタリアのジャンマリア・ブルーニとオーストリアのリチャード・リエッツが再び運転を分担する。

92号車の姉妹車は、フランスのケヴィン・エストレと経験豊富なデンマークのマイケル・クリステンセンがシートを交換する。このコンビは、3年前のル・マン24時間レースに参戦してクラス優勝を果たしたほか、2018/2019年のタイトルを獲得している。新シーズンの初戦は3月18日にセブリング(アメリカ)で開催される予定で、2022年6月11日・12日には、2台のポルシェ 911 RSRがフランスの耐久クラシックレースの第90回大会に出場する予定である。この1年のハイライトに参戦する際、2人のドライバークルーは、フランス出身のフレデリック・マコヴィッキィ(#91)とベルギー出身のローレンス・バントール(#92)のワークスドライバーによってサポートされる。

LMDhのロールアウトに備え、キャメロンとナスルがドライバーラインアップに追加

デーン・キャメロンとフェリペ・ナスルが、2022年時点でポルシェ・モータースポーツのワークスドライバーのラインアップに加わることが決定した。33歳のアメリカ人であるキャメロンは、2016年と2019年にIMSA WeatherTech SportsCar Championship DPiのタイトルを獲得している。

デーン・キャメロン


ブラジル出身の29歳の元Formula1ドライバーであるナスルは、2018年と2021年に北米の耐久レースシリーズでチャンピオンを獲得した。2人の新しいワークスドライバーは、ポルシェのLMDhプロトタイプのさらなる開発に集中的に携わることになる。

フェリペ・ナスル


ポルシェにとって画期的な耐久レース活動の運営は、経験豊富なスイス人のウルス・クラトレが担当する。500kW(680PS)のハイブリッドレーシングカーは、2022年に数多くのテスト走行を行う予定だ。

2023年から、LMDhプロトタイプはポルシェ・ペンスキー・モータースポーツからFIA世界耐久選手権と北米IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の両方に参戦する予定だ。これにより、約30年ぶりにル・マン、セブリング、デイトナで開催される耐久クラシックの総合優勝を、 ワンオフの車両で争うことが可能になる。

LMDhプロトタイプ



トーマス・ローデンバッハは「我々は、パートナーのペンスキー社とともに、新型LMDhプロトタイプの開発に全力で取り組んでおり、シャシーメーカーのマルチマティック社とも常に密接に連携しています。1月には、2023年のコンペティションデビューに向けて最適な準備ができるよう、集中的なテストを開始する予定です」と説明する。

アメリカ、DTM、クラシックレースで強い存在感を示す

2022年シーズンも、ポルシェは911 GT3 Rで国際的な大舞台に参戦する数多くのカスタマーチームをサポートする予定だ。ドイツでは主にADAC GTマスターズ、そして初めてDTMに参戦し、経験豊富なパートナーたちがレースシーズンを通して戦うことになる。チームSSRパフォーマンスは、これまでADAC GTマスターズで大きな成功を収めており、2台の9-elevenを使用する予定だ。

チーム75ベルンハルトは、FIA GT3レギュレーションに準拠した500PSを超える同型のマシンで、おそらく8回開催されるであろうイベントに参加する。ル・マンで2度の総合優勝を果たし、ポルシェのブランドアンバサダーでもあるトーマス・プライニング(オーストリア)のチームでは、ワークスドライバーがステアリングを握ることになる。

ポルシェは、シュトゥットガルトに本拠を置くスポーツカーメーカーのエンジニア、スペアパーツサービス、ドライバーからなる、試行錯誤を重ねたコンセプトに基づいて、2つのDTMカスタマーチームをサポートする予定だ。

北米のIMSAレースシリーズでは、非常に成功した年に6つのタイトル獲得を果たしたカスタマーチームが、2021年も勝利を目指して戦う。新設されたGTD Proクラスでは、Pfaff Motorsportsが2人のワークスドライバー、Matt Campbell(オーストラリア)とMathieu Jaminet(フランス)とともにPorsche 911 GT3 Rを出走させる予定です。GTDカテゴリーには、今後もカスタマーチームによるGT3マシンの参戦が予定されている。

ニュルブルクリンクとスパ・フランコルシャンで開催されるヨーロッパの耐久レースでは、ヴァイザッハから多数の9-elevが送り込まれる予定だ。ニュルブルクリンク24時間レースでディフェンディング・チャンピオンとなったチーム・マンタイは、今回も強力なクルーで戦う。ワークスドライバーのケヴィン・エストレ、ミハエル・クリステンセン、ローレンス・ヴァンスール、フレデリック・マコヴィッキィが、「グレロ」の愛称で親しまれるポルシェ911 GT3 Rのコックピットを共有することになるのです。このドイツのクラシックカーに、500PSを超える9-elevenのさらに4つのバージョンの参戦が決定した。

ニュルブルクリンクで開催される耐久レースに参加する911 GT3 R



インターコンチネンタルGTチャレンジ、GTワールドチャレンジ、FIA WEC、ヨーロピアンルマンシリーズ、アジアンルマンシリーズなどに参戦するカスタマーチームは、昨年と同様にポルシェのサポートを受けることができる。ドイツのDTMトロフィーも含め、世界各地で開催される数多くのGT4レースシリーズでは、11月に発表されたポルシェ718ケイマンGT4 RSクラブスポーツが2022年に初めてスターティンググリッドに並ぶ予定だ。

718ケイマンGT4 RSクラブスポーツ



このホモロゲーション・レーシングカーは、368kW(500PS)を発生し、先代モデルより大幅にパワーアップしている。新型GT4レーサーの開発では、ドライバビリティと、より効率的なエアロダイナミクスにも焦点が当てられた。

第30シーズンを前にしたポルシェ・モービル1スーパーカップ:新型ポルシェ・ジュニアに注目

現行の375kW(510PS)ポルシェ911 GT3カップは、2022年に2回目のレースシーズンを迎え、世界中の数多くのワンメイクカップに参戦している。来年度の焦点は、再びポルシェ・モービル1スーパーカップに絞られる。この国際的なポルシェワンメイクカップは、F1の一部として運営されており、2022年にはスーパーカップの30シーズン目という特別な節目を迎えることになる。



11月に行われた12名の参加者によるスカウティングでは、20歳のラウリン・ハインリッヒは説得力のある走りを見せ、ポルシェの新ジュニアとして、今後ポルシェ モータースポーツから幅広いサポートが受けられることになった。

ポルシェ カップ、ヤン・ハイレン、アルフレッド・レナウアー、ロベルト・レナウアーに勝利

1970年から毎年、最も成功したプライベートポルシェドライバーに贈られてきた伝統あるポルシェカップは、2021年にヤン・ヘイレンに贈られることになりました。ワークスドライバーのパトリック・ロング、アメリカ人のトレント・ヒンドマンとともに、経験豊富なこのベルギー人は昨シーズン、ライトモータースポーツのポルシェ911 GT3 Rを駆ってIMSAミシュラン耐久カップで優勝を果たした。この判定は、北米で最も重要な4つの耐久レースが考慮されている。



ハイレンはまた、アメリカ人ドライバーのライアン・ハードウィックとともに、GT4カーのIMSAミシュラン・パイロット・チャレンジでも優勝している。このイベントには、アメリカ・オハイオ州のカスタマーチームがポルシェ718ケイマンGT4クラブスポーツを投入。米国在住歴の長い41歳の自転車愛好家には、憧れのトロフィーのほか、15万ユーロ相当のポルシェの新型スポーツカーが贈られる。52年間続いているこのアマチュアドライバーのための賞は、フェリー・ポルシェの提案に基づくものだ。

ポルシェ・タグホイヤー・エスポーツ・スーパーカップ。ジョシュア・ロジャース、2度目のタイトルを祝う



12月18日に開催されたデジタル・ポルシェ・ナイト・オブ・チャンピオンズで、オーストラリアのジョシュア・ロジャースは、ポルシェタグホイヤーエスポーツスーパーカップの2回目のチャンピオンの栄誉を手にした。

コアンダ・シムスポーツチームに所属する22歳の彼は、iRacingプラットフォームで開催されるレーシングシリーズにおいて、2019年にタイトルを獲得した後、今年2度目のタイトルを確保したのだ。2022年のポルシェ・タグホイヤー・エスポーツ・スーパーカップは、ホッケンハイムのGPサーキットの仮想バージョンで2月5日に開幕する。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事