「世界に誇るイタリアの職人」が両者の共通項

グローバルに活躍するには大量生産が必要という考えもあるだろうが、世界的なレザーグッズメーカーであるトッズでは、職人たちが代々受け継いできた技術を最も重視する。こうしたイタリアの誇るモノづくりの力で世界中の顧客の心をつかむ姿勢が、フェラーリとの深い絆を生んでいる。

1.gif

 2004年に建てられた、まるで美術館のようなトッズの新工場には、もちろん最新機械もあるが、大量生産するためのオートメーションマシンはない。その代わりに工場内には託児所やジムがあり、そこに子どもを預けて、時に自らの肉体を鍛えながら職人たちが働いている。彼らの多くは、祖父の代から靴づくりに携わってきた職人たちだ。一足につき最大で35のパーツを一つひとつ丁寧にカッティングしたり、木型に馴染ませるように木槌で叩いたり、一針ひとはり縫い合わせたり。彼らの手による100 以上もの工程を経ることで、ようやく一足のシューズが完成する。 トッズのシューズやバッグはすべてイタリアの誇る、伝統的な技術を受け継ぐ職人たちのハンドメイドによって仕上げられている。洗練された美しさと機能性、色あせないデザインに加えて、彼らにしか生み出させない品質が、世界中の顧客の心をつかんでいる。
2.gif

トッズの名を最初に世界的に広めたゴンミーニは、それまでレーシングドライバーが履くラバーソールのシューズに過ぎなかった靴を、「スポーティな服装にもディナージャケットにも合わせることができる」と故ダイアナ妃に言わしめたほど、多くのセレブたちを虜にした。

3.gif

100個以上のラバー・ペブル(ゴム突起)がはめ込まれた、この高級モカシンを生み出したのは、祖父がはじめた小さな靴工房を世界有数のレザーグッズメーカーに成長させた、トッズグループ会長兼CEOのディエゴ・デッラ・ヴァッレだ。「手袋のように足にフィットするシューズ」というアイデアを、靴工房から町工場に成長させていた彼の父に打ち明け、1年がかりで完成させた。それが先述のようにダイアナ妃をはじめ、当時のフィアット会長ジャンニ・アニェッリや映画界のスターなど名だたる著名人に愛されることになり、気づけばゴンミーニのおかげでレーシングシューズはオンオフを選ばないと世界中に認知されるまでになった。

4.gif

セレブ達にゴンミーニが注目されるきっかけとなったひとつに、、デッラ・ヴァッレと当時のフェラーリ会長であるルカ・モンテゼーモロとの出会いがあった。どちらも、真に贅沢な製品を作り出すイタリアの職人技を大切にすることで、世界に挑んでいることなど相通ずる点が多々あり、お互いのよき理解者でもあり、ファンでもあった。2001 年にフェラーリオーナーのためのシューズコレクション「TOD’S For Ferrari 」がスタートしたのも、それゆえ自然の成り行きだった。

5.gif

今年で16年目を迎えた同コレクションは毎年最新モデルを発表している。フェラーリのシートをモチーフにした形状のインソールなど、フェラーリ好きなら思わずニヤリとしてしまう部分が必ずどこかにある。もちろん洗練されたデザインや機能性は他のトッズのシューズと同様で、ドライビングシューズのほかにもスニーカーなどバリエーションの幅を広げている。

6.gif

トッズの工場には、ルカ・モンテゼーモロから贈られた、ラルフ・シューマッハが実際にドライブした1997年のF1マシンが飾られている。これもまたお互いの、モノづくりに対する哲学を尊重しあう両社の気持ちの表れだ。

7.gif

ここで、最新の「TOD’S for Ferrari」シリーズ 2017年モデルの一部をご紹介しよう。フェラーリ車からインスピレーションを得た細かなデティールに注目しながらご覧いただきたい。

12.gif

カーフスエード/カーフ
価格:6万6000円(税抜)

a5fca7eee9341ee6247096528fd401dd9175e56e.gif

カーフ(ヌバックスエード)/カーフ
価格:7万4000円(税抜)

13.gif

カーフスエード/カーフ
価格:6万6000円(税抜)

14.gif

カーフ
価格:7万4000円(税抜)

文:籠島康弘 Words:Yasuhiro KAGOSHIMA 写真:トッズ・ジャパン Images:TOD’s JAPAN

トッズ・ジャパン 
TEL:0120-102-578 
URL:www.tods.com/ja-jp/

RECOMMENDEDおすすめの記事