「マセラティクラシケ」が正式にスタート|初の認定はミストラル3700に!

Maserati

昨年、マセラティブランド新時代の幕開けを告げる「MMXX:Time to be Audacious」イベントで発表された「マセラティクラシケ」が正式に始動した。マセラティクラシケとは、マセラティのヘリテージとオリジナリティを保存・保護し、振興を図るための部署である。顧客やコレクターへの特別なサービスとして、いよいよ真正性の証明も提供されるようになったのだ。

このプログラムによって認定された最初のロードカーは、1969年3月に製造されたマセラティミストラル3700だ。シルバー・オーテュイユのカラーリングが施されたこのミストラルは、車両の300カ所以上の徹底的な検証や歴史的アーカイブが保管するすべての文書と照合され、オリジナリティの証明書が発行されたのである。



認証プログラムは、20年以上に製造されたマセラティの車両に加え、MC12やクアトロポルテの限定車などを含むスペシャル・シリーズの車両が対象で、そのプロセスは専門家が組織する委員会によって保証される。このプログラムには、社内での軽微なリペアや定期的なメンテナンスサービス、および必要に応じてのカーディテーリングサービスも含まれている。

また、このプログラムではコレクターや顧客とともに、細部にわたりオリジナルに忠実なレストアをおこなったり、車両の保存をサポートするサービスも提供する。クラシケ、ヤングタイマー、スペシャリティカーそれぞれに専用のサービスプランが用意され、メンテナンスやレストアのさまざまな段階においてフォローアップをしてくれるというから、オーナーにとっては大変心強いことだろう。



クラシケプログラムの次なるステップとして、マセラティ社による一連の主要なサポートサービスに加え、「クラシケ」スペアパーツの管理を含めたレストアのサポートなどがおこなわれる予定だ。そう、マセラティクラシケの主たる課題には、入手困難になったスペアパーツの製造も含まれるのだ。そのプロセスには、オリジナルの設計に基づき、コンポーネンツの美的外観を変更することなく、信頼性と機能性を向上する最高のテクノロジーが用いられるという。

マセラティクラシケの認定に関するリクエストは、公式ウェブサイトから予約することができる。プログラムの詳細についても紹介されているので、マセラティオーナーはぜひ公式サイトをチェックしてみていただきたい。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事