生産台数はわずか3台。F1ドライバー、ダニエル・リカルドに敬意を表した特別なマクラーレン720S

McLaren

マクラーレンの社内ビスポーク部門であるMSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)が手がけた新たな限定モデル、マクラーレン ダニエル・リカルド エディション 720Sが、リカルドの母国オーストラリアでその全貌を現した。マクラーレンF1ドライバーであるリカルドに敬意を表したこの限定モデルは、マクラーレン・シドニーやマクラーレン・メルボルンの販売店との提携による特別オーダーのプロジェクトにより誕生したものだ。



マクラーレン・オートモーティブ コマーシャル・エグゼクティブ・ディレクターのジョージ・ビッグスは以下のようにコメントしている。
「この特別限定モデルの最初の1台がオーストラリアに到着したことを、喜ばしく思います。オーストラリアは、ダニエル・リカルドのホームグラウンドです。この特別仕様モデルには、オーストラリア国旗がハンチ・ラインの前方にほどこされています。オーストラリア・パース出身の、私達が誇るレーサーに敬意を表するのに、まさにふさわしいモデルといえるでしょう。オーストラリアでこのマシンを目にすることができ、感無量です」

このダニエル・リカルド エディション 720Sは、オーストラリア国内のみの限定販売となり、限定生産台数の「3台」は、リカルドのカーナンバー「3」にちなんでいる。またこのモデルは、2021年のF1で活躍したマクラーレン MCL35Mに採用された、パパイヤ・スパーク・オレンジとバートン・ブルーのカラーで仕上げられている。さらに、リカルドのサインが刻まれたカーボンファイバー製シル、「3台のうちの1台」を示すデディケーション・プレート、ドアに描かれた「3」の数字などを備えた特別な仕様となっている。



ダニエル・リカルドはこのように述べている。
「マクラーレンの数多くの爽快なスーパーカーのステアリングを握れることは、大きな特権のひとつです。どのマシンもそれぞれに個性的ですが、720Sは間違いなくベンチマークと呼べるモデルです」

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事