日本限定25本のみの特別モデル|ブライトリングのダイヤモンドワークスモデル

Breitling

ブライトリングの歴史の中でも重要なポジションにあるモデル“クロノマットコレクション”は、極薄のクォーツ時計が隆盛を極めていた1984年に発売された機械式のクォーツ時計だ。そしてこの新しいクロノマットコレクションで初めてマザー オブ パール文字盤を採用した“クロノマット B01 42 ジャパン エディション”から、今回希少なダイヤモンドワークスモデルが登場する。



ベゼルに1.03カラットのダイヤモンドを112個セッティングし、ラグジュアリーながらもエレガントな美しい雰囲気を纏う本モデル。機能性を維持しながらも圧倒的な美しさを備える、腕元に目線を送るたびに幸せな気分になれる、そんなモデルが完成した。

ケースバックには日本そして25本限定の証が刻まれている。

なお、こちらのモデルは日本国内25本の限定生産。全国のブライトリングブティック、もしくはスピリット・オブ・ブライトリングにて発売中だ。


クロノマット B01 42 ジャパン エディション ブラック マザー オブ パール
ブライトリング自社開発製造キャリバー01、パワーリザーブ約70時間、28800回/時・ヘルツ、COSC公認クロノメーター、 防水性200m、日本限定25本販売、全国のブライトリング ブティックもしくはスピリット・オブ・ブライトリングにて発売中。
価格:182万6000円(税込)



ブライトリング
https://www.breitling.com/jp-ja/

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事