ムジェロ・サーキットを跳ね馬が埋め尽くす!|リシャール・ミルが「フィナーリ・モンディアーリ」初参加

Richard Mille

すでにF1やWEC、フェラーリ・チャレンジでパートナーシップを発揮している、リシャール・ミルとフェラーリ。リシャール・ミルは今回初めて、フェラーリの年に一度のビッグイベントである「フィナーリ・モンディアーリ」に参加し、一連のレースやデモンストレーションを通じて「跳ね馬」への情熱を共有してその絆を一層深めた。

今回のイベントでは今年WECのGTカテゴリーで成功を収めた488 GTEの姿を見ることができた。AFコルセチームのLM GTE PROとLM GTE AMでル・マン24時間レースをダブル制覇したフェラーリは、ジェームス・カラドとアレッサンドロ・ピエル・グイディとともに、GTマニュファクチャラーズの世界チャンピオンとドライバーズタイトルを獲得。2023年にハイパーカー部門で最高レベルの耐久レースに復帰することを発表したフェラーリは、ル・マン・クラシックで10回目の総合優勝を目指している。

フェラーリ・チャレンジの最終イベントでは、4種類のトロフィーレースに多数の488チャレンジEvoが参加。トロフェオ・ピレリでは、フィンランドのルカ・ヌルミ選手が最年少の16歳でレースを制した。また、トロフェオ・ピレリ・ヨーロッパでは、ミシェル・ガッティング選手がフェラーリ・チャレンジで女性で初優勝を飾ったことで注目を集めた。



レースと並行して行われたF1クリエンティのデモンストレーションでは、F1におけるスクーデリアの歴史のすべてが再現されたといってもいいだろう。12台のシングルシーターカーが、V10エンジンやV12エンジンの限界に挑戦する音で観客の目と耳を楽しませてくれた。



リシャール・ミルは、フェラーリと複数年にわたるコラボレーションを発表している。来年のフィナーリ・モンディアーリは、2022年10月26日から31日まで、伝説的なイモラ・サーキットで開催される予定とのことなので、今から楽しみに待ちたい。

今年のフィナーリ・モンディアーリ会場を埋め尽くしたフェラーリの画像はこちらの画像ギャラリーより。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事