いざ出航!マセラティの船に掲げられた文字が意味するものは?

Maserati

マセラティの従業員によってSNS上で拡散されたマセラティの新型SUV グレカーレ。未だ詳細は明らかになっていないが、レヴァンテに続くプレミアムSUVとあってその注目度は高い。8月5日、マセラティは、「マセラティ マルチ 70 号」の帆にグレカーレという名称を掲げ、ついにグレカーレの世界デビューのカウントダウンが始まった。グレカーレは、今年の11月に華々しいデビューを果たす予定だ。



また、モデル名に風の名前を付けていることはマセラティの伝統だ。1963年のモデル ミストラルを皮切りに、ギブリ、ボーラ、メラク、カムシンとその伝統を受け継いでおり、グレカーレは地中海の強い北東の風を意味する。



技術革新、妥協のないパフォーマンス、競争と勝利への欲求、これらがグレカーレと「マセラティマルチ 70 号」を結びつけている。この船は、モデナにあるイノベーションラボのエンジニアが、エアロダイナミクスとパフォーマンスのノウハウを導入したラボラトリーボートと言える。この価値観は、マセラティファミリーが日々、ニューモデルを開発する際に指針としているものと同じだ。これから数ヶ月間、「マセラティマルチ 70 号」は、グレカーレ専用のメインセイルを携えて、さまざまなスポーツに挑戦していく予定となっている。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事