様々な角度から時間の流れを楽しむ腕時計|Anton Suhanov

Anton Suhanov

ロシアで独立し、時計職人そしてクリエイターとして活動をしているアントン・スハノフが、自身初となるウォッチモデル「レーサー ジャンピングアワーGMT(RACER Jumping Hour GMT)」を発表した。左右に配置された半円と、センターのラインが特徴的なこの個性あふれるモデルは、クリエイターとしても活躍するスハノフが時間という物の捉え方を多角的に捉えて考えたデザインである。

毎時間の始まりには、分針が60からゼロの位置にほとんど見えないほどの速さでジャンプ。そしてその間にはレトログラード・アワーの針を1時間進める。また、同じタイミングで12時位置のウィンドウに配置されたレーサー ジャンピングアワーGMTの24時間表示デジタル・セカンドタイム ゾーン・インディケーターが1時間分進む。これにより時分の認識が可能になる。

また、 ダイアルのセンターには、弧を描く少し変わった20秒の秒表示が。これは、時間をゆったりと認識するというテーマのもと、採用されたのだという。

左側にタコメーター、右側がスピードメーター、まさに車のダッシュボードであることが一目でわかる。

実は、この時計のアイデアは、スハノフが車を運転していた時に思いついたもの。彼は、もしも車を時計に置き換えるなら、レーシングカーに位置するのは高性能なクロノグラフだろうと思った。しかし一方で車の魅力というのは、車のスペックだけではない。ハンドルを握る人物が急ぐ必要がない時に運転することから得られる喜びもあるのだと。これは、スピードメー ターの針が示す数字からではなく、車自体が喜びを与えるときののんびりとした知覚から来るものだと考えたのだ。そして、これらのインスピレーションを基に、本モデルが完成した。



本モデルについてスハノフは、「1時間に1回、または1日に数 回見る時計もあれば、特別な瞬間を見逃さないよう、常に眺めていたい時計もあります。ダイナミックな瞬間とゆったりした時 間の経過を認識するということの組み合わせが私のレシピです」と語っている。



レーサー ジャンピングアワーGMT
自動巻き、キャリバーSu100.20、振動数 : 28,800 A/h 約38時間のパワーリザーブ、ステンレススティール製、 サファイアクリスタル製のケースバック、3気圧日常生活防水
価格:286万円(税込)



Anton Suhanov
https://anton-suhanov.com

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事