公道でサーキットのパフォーマンスを│アストンマーティン ヴァンテージF1®エディションを発表

Aston martin

アストンマーティンは、新型ヴァンテージ F1®エディションを発表した。このニューモデルは、アストンマーティンが60年以上の歳月を経て、フォーミュラ1®世界選手権に復帰したことを記念して製作され、真のスポーツカーとしてのヴァンテージのキャラクターをさらなる高みへと引き上げる。また、アストンマーティン最高経営責任者(CEO)のトビアス・ムアースの意向を直接反映させた最初の主力製品でもある。

フォーミュラ1®世界選手権への復帰に刺激を受け、今月末に開催されるF1開幕戦のバーレーンGPでデビューする、フォーミュラ1®オフィシャル・セーフティカーのヴァンテージに採用されたエンジニアリングが直接フィードバックされたヴァンテージ F1®エディションは、パフォーマンスとダイナミズムを極限まで追及したモデルで、サーキットに焦点を合わせてスポーティにアップグレードを施した最速バージョンである。

このモデルは、史上もっともパワフルなヴァンテージでもあり、アストンマーティンの経験豊富なエンジニアリング・チームによって開発された専用のシャシーを搭載し、エアロダイナミクスも見直されている。アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラ1®チームがF1への復帰作業に専念する中、アストンマーティンのエンジニアリング・チームは、ロードカーをベースにした究極のヴァンテージである、フォーミュラ1®オフィシャル・セーフティカーを製作した。

CEOのトビアス・ムアースによって設定された要件とは、F1サーキットでセーフティカーとしての役割を果たすことができるよう、オンロード性能を損なうことなく、パフォーマンスを大幅に強化してラップタイムを短縮することであった。特に、レース専用タイヤを装着しなくても、そのパフォーマンスを発揮できることが重要だった。これらの目標を達成した後、ムアースは、オフィシャル・セーフティカーで開発したエンジニアリングを量産車へと導入して、ヴァンテージ F1®エディションを新たに開発するように指示を出した。その結果、ヴァンテージフォーミュラ1®オフィシャル・セーフティカーのレプリカモデルとして、公道走行可能な史上もっともスポーティな一台が誕生した。



エンジニアリング・チームは、ヴァンテージ F1®エディションを製作するにあたり、ヴァンテージのあらゆる側面に改良のメスを入れた。その範囲は、パワートレイン、シャシー、エアロダイナミクスへと及び、走行フィールやキャラクターを改善しながら、パフォーマンスの徹底的な強化が図られている。

4.0リッター・ツインターボV8エンジンの最高出力は、25ps増加して535psとなっている。最大トルクは685Nmで変更はないが、ピークトルクの持続範囲が拡大し、扱いやすさと粘り強さが改善されている。この圧倒的なパフォーマンスは、8速オートマチック・トランスミッションと組み合わせることによりさらに強化され、シフトアップ時のトルク損失が最適化され、シフト時間が短縮され、ダイレクト感と正確性が向上している。このトルクデリバリーは、特に激しいブレーキングを伴うシフトダウンにおいて、車両のコントロール性とドライバーとの一体感を高め、トラクションの限界で走行しているときに、より精密なコントロールを可能にする。この特性は、あらゆる状況で体感することができるが、とくにサーキットを走行する場合にメリットをもたらす。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事