空気を切り裂くような未来的なボディ│マセラティ ボーラが発表から50周年を迎える

maserati

マセラティ初のミドシップ・スポーツカーであるボーラが発表から50周年を迎えた。トリエステ地方に吹く強風‘ボーラ’は、50年の時を経て、マセラティブランドの新時代の幕開けへと吹き込んできた。マセラティの新時代におけるすべてのモデルがブランドの伝統であるスポーティさ、見紛うことのないデザインを受け継いでいるが、ティーポ63、MC12と繋げられてきたこのミドマウント・エンジンのレイアウトは今、MC20へと継承される。

マセラティ ボーラは1971年3月11日、ジュネーヴ国際モーターショーで登場した後、1978年まで生産され、564台が製造された。



当時、F1レーシングカーに革命をもたらしたトレンドを受けて、マセラティはイタルデザイン社のジョルジェット・ジウジアーロに、性能、デザイン、快適性、安全性を高めたミドマウント・リアエンジン・スポーツカーの開発を依頼した。

エンジンは、最高出力310ps/6,000rpmを発揮する4,700ccのV8エンジン(2年後には4,900ccのユニットを追加)で、モノコックに連結されたサブフレームに縦置きというレイアウト、空気抵抗を低減させるためのリトラクタブル・ヘッドライト、リア・アクスルの突き出たデファレンシャル、マセラティとして初めて採用した四輪独立懸架、4輪ディスク・ブレーキ、乾式シングル・ディスク・クラッチ、5速ギアボックス、テレスコピック式サスペンション・ダンパーなどが備えられていた。最高速度は280km/hを超えながらも、エンジンの俊敏なレスポンスと静かな室内空間により、快適性とパフォーマンスを両立させていた。



エンジニアリング・デザインはジュリオ・アルフィエーリが、エアロダイナミクスとスタイリングはジョルジェット・ジウジアーロが担当し、非常にバランスのとれたシンプルでエレガントなラインで構成された2シータークーペである。

そのデザイン・アプローチは未来的で、空気を切り裂くように低めに位置するスレンダーなテーパー状のフロントデザインは、二つの長方形のエアベントを持ち、その中央にトライデント。美しいサイドラインには、ボディ上下を分割するかのように配されたブラックラバーのトリムがリアまで回り込んでいる。

この結果、今もファンを魅了してやまない70年代のロックンロール・スピリットに受け入れられた流線型の車が誕生したのである。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事