「誰もが気軽に楽しめるランボルギーニ」を作るため誕生した一台とは?

Photography:Max Serra/Lamborghini

若いタレントたちが創ったミウラが予想以上の評判を得るなか、ひとり創始者フェルッチョだけは会社の未来を案じていた。誰もがもっと気軽に楽しめるベイビー・ランボが必要になる…そうして生まれたのが後のウラカンへと連なるウラッコだった。

フェルッチオ・ランボルギーニは、自分が何を望み、その実現のためにどうすべきかを完全に把握したうえで、アウトモビリ・ランボルギーニを興した。1962年の秋のことである。
 
新たな工場はかつてない早さで建設しなければならず(事実、翌年の63年には操業を始めた!)、とにかく世界中から憧れを集めるスポーツカーを造らなければならなかったのだ。
 
その実現のために、すでに成功を収めた起業家であったフェルッチオは金に糸目をつけることなどなかった。たとえば自動車エンジニアリングの世界において最高の人材や最も嘱望された若者を自ら選定し雇いあげている。ジャンパオロ・ダッラーラ、パオロ・スタンツァーニ(大学を卒業したばかりだった)、ジオット・ビッザリーニ、そしてテストドライバーのボブ・ウォーレスといった綺羅星の如き才能が新たな会社の強力なエンジンとなり、ここが最も重要なところだが、皆がフェルッチオの大志を共有していたのである。そんなわけだったので、1966年にかのミウラが登場するや、彼の目論見はほとんど成功したという評価を自動車界は下している。実際、この後のランボルギーニ車は世界中から称賛されたものだ。
 
けれども優れた起業家であるフェルッチオは、立ち止まることをよしとはしなかった。ミウラのオーダーを捌き切れないほども抱えてもなお、たった一種類の12気筒スポーツカーだけで会社を末長く成長させていくことなどできないことも分かっていたからだ。そこで彼はより小さなモデルを企画するよう開発陣に指示している。
 
カロッツェリア・ベルトーネの製作によるワンオフモデルのマルツァルがその第一歩だった。ミウラをデザインした、これまた若き天才マルチェッロ・ガンディーニの作品で、かの4リッターV型12気筒をちょうど半分にした2リッター直列6気筒エンジンをリアに搭載していた。

編集翻訳:西川 淳 Transcreation:Jun NISHIKAWA Words:Massimo Delbò Photography:Max Serra/Lamborghini

RECOMMENDEDおすすめの記事