輝きと軽やかさを纏った華やかなジュエリー│ショパールの女性らしさ

chopard

繊細なダイヤモンドのレース模様を纏うショパールの「プレシャス レース コレクション」は、今日のモダンジュエリーにおける傑作である。ショパール独自のアイコニックなシグネチャーを描くこのコレクションは、軽やかさ、優雅さ、そして詩情漂わせる女性らしさを宿し、メゾンのエフォートレスなデザインと類稀なるノウハウを披露する。

レースの軽やかさと無垢な白さに着想を得たこのコレクションは、複雑なオープンワークを背景に、ダイヤモンドとローズゴールドを組み合わせ、光と空間のなかに自然と溶け込む。強さと脆さ、ダイヤモンドの永遠の輝きと、レースの肌にそっと触れる空気のような軽やかさ、オートクチュールとハイジュエリーのダイアローグ。女性の動きに合わせ、まるで肌の一部のように寄り添うシルクを彷彿とさせる魅惑的なジュエリーは、ショパールが“ジュエラー”として加盟するFédération de la Haute Couture:フランス服飾連盟 の価値観を映し出している。



シーンを問わず、すべての女性が日々纏えるジェムセットジュエリー。ファイン ジュエリーとハイジュエリーの狭間で、プレシャスストーンを身につけるクラシックかつモダンなアプローチを提案し、ハイジュエリーの形式に捉われないショパール独自のアプローチを物語っている。 

ショパール共同社長であり、バイタリティ溢れるアーティスティック・ディレクター、キャロライン・ショイフレは女性たちのジュエリーへの期待や、どのようにジュエリーを身につけたいのかを常に把握し、感じ取ってきた。彼女は女性たちの願いを叶えるべく、それぞれの多彩な生き方を反映した大胆でグラマラスな作品をデザインし、そのライフスタイルやファッションへのアプローチ、そして価値観を彩る。



そして、たゆまぬ努力を重ね、ジュエリーにそれぞれが持つ魅力を発揮させる。1980年代にファミリーメゾンに入社して以来、彼女は絶えず限界を押し広げ、常識に捉われることなく、ハイジュエリーに新たなエレガンスとこの上ない優雅さをもたらしている。こうしてキャロラインは、女性がいかなる時代も大切に思うジュエリーの高貴なオーラに新たな意義を与える。キャロライン・ショイフレは、「持続可能なラグジュアリー」の分野でイニシアティブを発揮し、地球、資源(ゴールドやジェムストーン)、そして人類を保護している。2018年、ショパールは100%エシカルゴールドを使用することにコミットした初のウォッチ&ジュエリーメゾンとなった。

オクタン編集部

無料メールマガジン登録   人気の記事や編集部おすすめ記事を配信         
登録することで、会員規約に同意したものとみなされます。

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事

Current ISSUE