すべてを知り尽くして辿り着く BMW ALPINA B3 LIMOUSINE

電子制御アクティブLSDを標準装備。特に横G が大きく掛かるコーナリング時にドラ イビング・ダイナミクスが向上する。コーナー出口でダイナミックに加速でき、コーナーで4輪駆動でありながら、まるで後輪駆動のような走りを体感できる。



凄いトルクを発揮できるが、それを操り易くしてくれているから、アルピナのドライバーはうまく引き出すことができるのだ。ハンドリングも同じだ。標準の19インチタイヤかオプションの20インチタイヤを履いたとしても、さほどクイックにはならない。手応えを感じながらハンドルを切っていくとノーズも正確に向きを変えていく。こちらも決してゲインを高くしないで、操りやすさを追求している。ちょい乗りで凄い!と思わせるのではなく、長距離ドライブしたときに疲れない、ワインディングロードを走ったときに正確にライントレースしてくれることを重視しているのだ。

巡航最高速度303km/h、0-100km/h 加速3.8秒を支える「A LP」ロゴ付ピレリ P Zero。標準装備の前後19インチホイールの奥にフロント395mm、リヤ345㎜径のブレーキディスクが美しい。

 
ワインディングロードではステアリングスポークの裏側にあるステアリングスイッチがパドルシフトの代わりになる(アルピナ・スウィッチ・トロニック)。その操作は他の乗員には気づかずできるのもアルピナらしさだ。普通の人がアルピナに乗って最初に驚くことは、もの凄く乗り心地が良いことだ。これだけのパフォーマンスを発揮できるエンジンとハンドリング性能を持ちながらも、快適性は並の3シリーズは敵わない。舗装路面の不整や段差を通過したときに、角がなく丸い感じの乗り心地なのだ。タイヤがブルブルすることもなくバネ下の振動は残らない。何よりもサスペンションストロークが長く、うねりや大きな段差などを通過してもゆったりと上下動したかと思うとピタッと収まるのだ。エンジンも滑らかだがダンパーの動きも滑らかで、このエンジンのパフォーマンスを支えているサスペンションというイメージではない快適さを味わえる。

ビターボ・チャージング・システムを搭載する3.0リッター 直6エンジン。340kW(462ps)の最高出力と、わずか2500rpmから700Nm(71.4kgm)の最大トルクを発生する。

 
ダンパーは電子制御だが、これはアルピナによってプログラムされている。アルピナ指定のタイヤ、アルピナ純正のホイールの組み合わせを考慮し、また走行車速に合わせて乗り心地とハンドリングが両立できるポイントを狙っているからできることだ。アルピナをアルピナとして味わうためには、純正品から変更しないことが大事なことかもしれない。

トランクリッド左に控えめに用意されたB3のエンブレム。ホイールと控えめなエアロパーツ、そして専用色が用意されるこのB3は、実際のサイズよりもかなり大きく映るから不思議だ。

 
買ってからパーツを交換するのが趣味の人にとっては残念かもしれないが、ぜひとも完成した大人の車をじっくりと味わってもらいたい。アルピナのオーナーは一度アルピナに乗るとずっとオリジナルを保ち手放さない。これぞ摘み草料理なのだ。


BMW アルピナ B3 リムジン
ボディサイズ:4720mm×1825mm×1445mm 
ホイールベース:2850mm 
車両重量:1840kg
エンジン形式:直列6気筒 
排気量:2993cc 
駆動方式:4WD 
変速機:ZF 8段スポーツAT・SWT 
最高出力:340kW(462ps )/5500-7000rpm
最大トルク:700Nm(71.4kgm )/2500 - 4500rpm 
巡航最高速度:303km/h 
左ハンドル 本体価格::1229万円(税込)

文:菰田潔 写真:高柳健 Words:Kiyoshi KOMODA Photography:Ken TAKAYANAGI

RECOMMENDEDおすすめの記事