「幸せの時間」非現実的、ポップ、ユニーク、ポルシェ911

porsche AG

ポルシェを愛するデジタルアーティスト、クリス・ラブロイとのシュールな旅。「私がしていることを説明するのは本当に難しいです」と40歳のスコットランド人はいう。「私は朝起きて写真を撮ります。それは私にさまざまなアイデアを与え、多くの自由を与えるライフスタイルです。私は自分自身をアートとデザインの交差地点で働くデジタルイメージメーカーと呼んでいます。少し曖昧に聞こえますか?」

彼の仕事はほとんど前例がないので、定義することは難しい。ロイヤルカレッジオブアートでプロダクトデザインを学んだ若い卒業生は、オブジェクトに関する知識と理解、シュールなものへの関心の高まりを組み合わせて、デジタルの領域にますます夢中になっていった。

「私は、有形の物理的なオブジェクトの作成から、フォトリアリスティックな画像の作成に移行しました。私がデジタルの世界で行ったのは、それらのオブジェクトをキャプチャし、現実的な方法でレンダリングすることでしたが、CGIとこれらすべての新しいデジタルツールを使用すると、想像力に制限はありませんでした。任意の環境を作成し、任意の単一のオブジェクトをそのコンテキストに配置できます」



ラブロイの過去の作品は、多くのポルシェファンに馴染みがあり、夢のような風景に置かれたクラシックな911をよく使用している。「私はさまざまな要素を並置するのが好きで、常にそれらの幸せな瞬間を探しています。フラミンゴのうきわやプールのようなものは、私にとって本当に幸せを象徴しているので、それらの要素を画像やアニメーションに含めるのが好きです」



ラブロイの作品にあるあたたかみや、鮮やかな色はスコットランドの外れにある彼の家の環境とはかけ離れているため、デジタルイメージは現実逃避の一形態であるようだ。

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事