名車の数々!20周年を迎えるAudi museum mobileの展示内容が一新

audi

2000年12月15日に開館したアウディの自動車博物館、Audi museum mobileが20周年を迎える。AUDI AGは、21世紀の20年間で、そのサクセスストーリーに数多くの新たな章を追加してきた。その間、名車としてアウディ史に残るモデルや、技術開発における新たなマイルストーンとなる車が登場した。

今回、Audi museum mobile開館20周年を記念して、展示内容が一新され、アウディの歴史における、より現代のモデルが常設展示に加わった。12月15日から、アウディの歴史を彩る34台の新しい車両が展示される。

20周年記念の一環として、フロアの1階から4階の吹き抜けに設置される巨大な循環式展示リフトには、すべてのモータースポーツファンを楽しませる車両が一堂に展示される。従来の展示では、AUDI AGのモータースポーツ史を彩る数々の名車は、その時々のトピックに従って車両を入れ替えて展示されてきたが、今後は展示リフトに乗せられて、モータースポーツにおける名車が常設展示されることになる。



開館以来、ミュージアム3階の同じ場所に展示されているAuto Union Silver Arrows (アウトウニオン シルバー アロー)を除き、1960年代以降に登場し、アウディをスポーツブランドへと昇華させた数々の名車が、このリフトに展示され、来場者はミュージアムの1階から4階のどこにいても、それらのモデルを見ることができるようになる。

これにより、モータースポーツに関する展示内容が、まったく新しい構成に生まれ変わり、新たに14台のモータースポーツに参戦してきた車両が展示される。ここには、2007年にドイツツーリングカー選手権(DTM)でタイトルを獲得したAudi A4 DTM、2002年のAudi Le Mans R8 LMPプロトタイプ、1996年のAudi A4 STW、1980年のAudi Rally quattroグループ4、1985年のAudi Sport quattro RallyグループB、1975年のNSU 1300 TT "Jägermeister"、1963年のDKW F11/64ツーリングカーなどが含まれている。

展示内容の変更により、これまで2階にあったモータースポーツ展示エリアを全面改修して、より現代のアウディアイコンモデルを展示することが可能になった。来場者は、デザインアイコンであるAudi TT Coupéに加えて、伝説となりつつあるAudi A2および初代Audi A8を見ることができる。これらの車は、アウディが再びラグジュアリーセグメントに復帰するために重要な役割を果たした。



同じことが、アウディブランドのスポーティなキャラクターを再定義する5気筒エンジンを搭載したAudi RS 4/Audi Convertible、SUVセグメントにおける大きな成功の先駆けとなった2001年のAudi allroad quattroにも当てはまる。またこのエリアには、アウディブランドが1990年代には既にeモビリティをテストしていたことを示す、Audi Duo IIIも展示されている。

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事