ジバンシィ 新クリエイティブ・ディレクターのファーストピースが限定発売

マシュー・M・ウィリアムズがジバンシィのクリエイティブ・ディレクターとして手掛ける初のコレクションから、カプセルコレクションがローンチされた。

2021年春夏コレクションから厳選して編集されたこのカプセルコレクションは、ウィメンズ・メンズともに、遊び心と反骨的な雰囲気、そしてエフォートレスなエレガンスを特徴としている。ノーカラーの細身のロング丈ブレザーと、足首部分に厚みを持たせたスリムなハイライズパンツに代表されるウィメンズの新たなテーラリングには、今シーズンの方向性が強く表れています。デニムには斬新で手の込んだ加工が施され、ヒビ割れや光沢といった独特のニュアンスが添えられている。

また、テクスチャーのあるソフトなデニム風のジャカードには、メゾンを象徴する4Gエンブレムが全身に織り込まれている。アウターウェアでは、カーフスキンとナパレザーをボンディングしたクロコ型押しの膝丈テーラードコートや、黒のオットマン素材のボリュームがあり都会的なウィンドブレーカーなど、存在感のあるアイテムが揃う。



メンズのキーアイテムは、重なった襟のデザインが特徴的なシングルジャケットで、ライニングに4Gエンブレムをさり気なくあしらっている。また、クラシックフィットのパンツには、独創的かつ控えめなメタルディテールが施されており、ファスナーとスナップボタンがついたボクシーシャツと同様に、アイコンバッグ『アンティゴナ』とも共鳴するデザインになっている。テクニカルオットマン素材のオーバーサイズパーカは、ジバンシィの今を表すアーバンスピリットを強調するアイテムで、機能性とエレガンスの両方を叶えるデザイン要素が盛り込まれている。フーディーやスウェットにも、リスタイルしたジバンシィのエンブレムが配されている。
 
今シーズンのエッセンシャルバッグも同様に、マシュー・M・ウィリアムズがジバンシィのために特別に開発した個性的なハードウェアが特徴的だ。新しい『アンティゴナ』の黒のボックスレザーバッグには、従来より長いハンドルと4Gの南京錠が配され、ジバンシィのシグネチャーを強調する。その他、クロスボディバッグが2型、ユニセックスのチェーン付きバッグ『バーティカル・ミニ』、メンズの『アンティゴナ・U』がラインナップに加わる。

フットウェアでは、アンクルブーツ『ロック』、ウィメンズのウェッジソール・スライドサンダル及びメンズのフラットサンダル『マシュマロ』、軽量でソール部分が透明の高機能メンズスニーカー『GIV 1』(黒・白)が登場。最後に、存在感のあるツノのフラットキャップ、Gチェーンバックル付きの黒のレザーベルトがこのプレミアコレクションを完成させる。

このコレクションは、2020年12月1日から22日までの期間、ヨーロッパ・アジア・USの厳選したジバンシィストア7店舗のみで特別に販売される。マシュー・M・ウィリアムズの2021年夏コレクションの正式ローンチは、2021年2月下旬予定。

RECOMMENDEDおすすめの記事