車一台付き!アストンマーティンが不動産プロジェクト第二弾を発表

Aston Martin

アストンマーティンは、建築家サー・デイヴィッド・アジャイとコラボレーションして「アストンマーティン ホームズ」をデザインすると発表した。ニューヨークの高級タワーレジデンス「130 ウィリアム」の59階、60階に5室が展開され、各居住者にはデイヴィッド・アジャイが特別にデザインしたDBXが与えられる。

アストンマーティンのクリエイティブ責任者であるマレク・ライクマンとサー・デイヴィッド・アジャイは、このプロジェクトにでコラボレーションして、アストンマーティンのエレガントなデザインとクラフツマンシップをカスタム建築と手作りのインテリアにもたらす。

ライヒマンは次のように述べている。「これは、アストンマーティンの設計チームが取り組む魅力的なプロジェクトであり、サー・デイヴィッドと協力する絶好の機会です。これはニューヨーク市で最初の不動産プロジェクトですが、マイアミのアストンマーティンレジデンスに続く不動産デザインでは2番目のコラボレーションです。マイアミで学んだことを応用し、独自の自動車デザインスキルをこれらの美しい高級住宅にもたらします」



アジャイは、66階建ての130 ウィリアムのビジョンを担当し、その象徴的な外部アーキテクチャと、242の住居、20,000平方フィートを超える設備、新しいプラザパークを含む建物のすべての内部を設計している。建物の高さは244メートルで、マンハッタンのスカイラインを背景に大胆な建築を表現している。また、ニューヨークの石造建築の歴史を取り入れたデザインにもこだわっている。洗練されたブロンズのディテールが施されたカスタムのハンドキャストファサード、クラシックなマンハッタンの建築を特徴付ける石細工を現代的に解釈したものが特徴。もうひとつの特徴は、かつて住んでいた家のロフトからインスピレーションを得た、大規模なアーチ型の窓のシルエットである。



サー・デイヴィッド・アジャイは、「アストンマーティンチーム​​と協力することはエキサイティングです。 130 ウィリアムのアストンマーティンホームズは、私たちのデザインの感性を融合させた非常に特別なものです。これらのユニットに付属する限定版のSUVと一緒に、真にユニークなシグネチャーを生み出しました」とコメント。

各部屋の中には、マレク・ライクマンとサー・デイヴィッド・アジャイによって集められた家具、テキスタイル、アクセサリー類を備えた壮大なリビングとダイニングルームが広がる。ソファとアームチェアは、革、金属、布地の要素と美しいディテールを組み合わせて、アストンマーティンのインテリアの豊かを彷彿させる。リビングルームからは、ニューヨークでは珍しく、屋外ロッジに直接出られるようになっている。



ダイニングルームに隣接するキッチンには、オークのイタリア製キャビネット、イタリア・トスカーナのアプアンアルプスから厳選された大理石のカウンタートップ、ネロマルキーナ大理石のトップが揃えられている。

マスターベッドルームは、すっきりとしたラインと美しいディテールを備え、温かく居心地の良い素材と組み合わせて、プライベートな空間となっている。ベッドルームには、特注のカシミアヘッドボードクッションと細い金属のディテールが施された広々としたベッドと、Formitaliaのベッドサイドテーブルとサイドテーブルが備わっている。また、広々としたウォークインクローゼット、Boffiによる壁掛け照明、Flosライトトラックシステムなども含まれている。

1部屋をシミュレータールームに変更したり、プライベートオフィスに変更したりすることもできるそうだ。



5つの邸宅のうち2つはペントハウスとなっており部屋によって価格は異なる、価格は1150万ドル(約12億円)、1050万ドル(約11億円)、1000万ドル(約10億5000万円)、598万5000ドル(約6億2900万円)、398万5000ドル(約4億1900万円)となっている。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事