エレガントでスタイリッシュな個性│ランボルギーニ・ウルスに新たな仕様登場

Lamborghini

アウトモビリ・ランボルギーニは、「Urus Graphite Capsule」を発表した。スーパーSUVであるウルスのカラーとトリムに、個性的で新しい表現の可能性を加えるものだ。

エクステリアには、トレンドでありながらもさりげないホワイト、ブラック、グレーとグレーの4つのマットカラーが用意されている。フロントとリアのアンダー部分は、サイドシルもすべてマットなボディカラーで仕上げられている。フロントスプリッター、ドアインサート、リアスポイラーには、ウルスの特徴的なラインを強調して大胆な主張を感じさせるシャイニーなアクセントカラー、 オレンジ、イエロー、グリーンが選択できる。



さらに、アクセントカラー付き23インチのTaigeteホイール、新登場となるブラッククロム仕上げのリアのエキゾーストもこのコレクション限定である。カラーの組み合わせが16組以上増え、さらに広がったカスタマイズの可能性でカスタマーのハイデマンドに応えることができる。

インテリアは、エレガントかつスタイリッシュな個性を存分に披露し、ダッシュボードとドアパネルにはアルマイト処理を施したダークなアルミ製トリムと、新登場のマット仕上げのカーボンファイバー製インサートを使用している。内装に彩を加えるQ-Cituraステッチとロゴ刺繍は、エクステリアのアクセントカラーに合わせたコントラストカラーを選ぶこともできる。

エクステリアのアクセントカラーはインテリアにも展開され、シートボルスターインサートのセンター部分のレザートリムのほか、オプションでヘッドレストのランボルギーニ・ロゴの刺繍もアクセントカラーにすることができる。



アウトモビリ・ランボルギーニ CEOのステファノ・ドメニカリは次のようにコメント。「新しいUrus Graphite Capsuleは、他社には真似のできない、スーパーSUVのパイオニアとしてのウルスの万能性を証明し、その色とスタイリングは、ハイパフォーマンスを要求される環境で、ライフスタイルを楽しむ環境でも、存在感を感じさせるだけでなく、適用性や多様性も備えています。ウルス本来のデザインと、ランボルギーニのスーパー・スポーツカーの伝統から引き継がれ、カラーとトリムのパーソナライゼーションに無限の可能性を秘めています。これからも増え続けるランボルギーニオーナーの皆様の個性とライフスタイルを表現するための最新コレクションです」

Urus Graphite Capsuleは、 2021年モデルのウルスのオプションとして設定されている。

オクタン日本版編集部

無料メールマガジン登録   人気の記事や編集部おすすめ記事を配信         
登録することで、会員規約に同意したものとみなされます。

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事

Current ISSUE