グランドセイコーブティックの頂点「グランドセイコーブティックフラッグシップ和光」が誕生

8月6日(木)、12年ぶりの和光本館リニューアル工事を完了し、グランドオープンした。外光が差し込む、明るく開放的な空間に生まれ変わり、より多くのゲストを迎える。天然素材を生かした自然な曲線を描くインテリアにより、本質的な豊かさや美しさなど、新しいラグジュアリーの価値を求める顧客層にも訴求していく。 

2階はウオッチスクエアとジュエリースクエアからなる真のラグジュアリーフロア、「和光ウオッチ&ジュエリースクエア」としてグランドオープン。ウオッチスクエアには、グランドセイコーブティックの最高峰に位置づけられる「グランドセイコーブティックフラッグシップ和光」が誕生した。グランドセイコーの世界を存分にご堪能いただける唯一無二のブティックである。日本随一の充実した品揃えを誇る「クレドールサロン」では、リニューアルオープンを記念して和光限定品も発売する。陽光が優しく差し込む「和光ジュエリースクエア」には、和光ジュエリーをはじめ、和光の審美眼で選び抜いたジュエリーが並ぶ。



1階から続く4本の柱に囲まれたエリアに位置する「グランドセイコーブティックフラッグシップ和光」は、グランドセイコーをこよなく愛するオーナーの住空間(ライブラリー、ラウンジ、ウオッチバー、リビング)に見立てたスペース。グランドセイコーによるライフスタイルウオッチエンターテインメントをゲストに提供する空間だ。

ライブラリーをイメージしたケースには、1960年に発売された初代グランドセイコーや、その礎となった1959年発売のクラウンなど、グランドセイコーを語るうえで重要なヒストリカルモデルが約20点並ぶ。そのほか、開発時の仕様決定書類やダイヤルの試作サンプル、当時の広告や印刷物などもご覧いただける、グランドセイコーのフィロソフィーを体感できるコーナーとなっている。



和光本館を模した陶器のオブジェを軸に、2002年から継続している和光限定グランドセイコーがアーカイブ展示されたウオッチバーカウンターも。ここでは、ゲストのためだけのオリジナルモデル「グランドセイコー ビスポークウオッチ」(18金またはプラチナモデルのみ)のオーダーを承る。グランドセイコーのオーダーメードは「グランドセイコーブティックフラッグシップ和光」ならではの特別なサービスである。

柱周りのケースには、18金素材や限定品といった現行の高価格帯モデルが常時30~40点展示される。ソファにおかけいただき、豊富な品揃えの中から実際に手に取ってゆっくりとグランドセイコーを吟味できる空間をリビングに見立てている。


【和光本館】
中央区銀座4丁目5-11
(03)3562-2111(代表)
https://www.wako.co.jp

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事