ポルシェのスタッフが語る「現代と未来におけるスポーツカーの魅力」

近い将来、自動運転が普及するとしても、自分が進むべき道は自らコントロールしていきたいものだ。目指すは効率性の向こう側にある、本物のドライビングプレジャー。スタイル・ポルシェの責任者ミヒャエル・マウアーが、現代と未来におけるスポーツカーの魅力について語る。以下は彼自身の言葉である。

新車発表会や試乗会で若いブロガーやジャーナリスト、テレビのレポーターに3回も続けて「近い将来、わざわざ車をサーキットで走らせる必要があるのでしょうか?」と質問された。私の心には様々な想いが入り混じっているが、答えは「イエス」だ。

彼らが描く未来図には、電動の自動運転車がモビリティの主流となっていく未来において、スポーツカーなど化石のような存在になるのだろう。もしかしたら20年後のスポーツカーは、現在のサラブレッドやヨットのようにごく一部の人だけが手に入れられる憧れの対象になっているかもしれない。スポーツカーを走らせるのは単純に楽しいものであるし、物理的限界を求める気持ちや自動車の性能、自身の能力に対する欲はこれから先も尽きないであろう。私はそう確信しているため、何度聞かれても「イエス」と答える。

近い将来、自動運転車が普及していくとしても、自分が進むべき道は自らの手で制御し、効率性の向こう側にある本物のドライビングプレジャーを体感したいと願う人は少なくないはずだ。スポーツカーに対する定義は未来においても変わることはないだろうが、車からの聴覚的フィードバックには変化が生まれると私は考えている。

これから数十年先に実現可能になるであろう新技術の中には、未知の可能性が秘められている。しかし、それは昔も同じで、ヘンリー・フォードやフェルディナンド・ポルシェ、エットーレ・ブガッティといった偉大な先人たちでさえ電子制御によりブレーキが細密に制御され、自動ブレーキがかくも一般化しようとは、想像できなかっただろう。

アナログレコードや手動式腕時計に根強い需要があるのはなぜか。いまだに万年筆で文字を書く人がいるのはなぜか。人がドライブではなく散歩に出かけるのはなぜか。いつの時代も新しい風が吹き込まれる度に何かがもたらされてきたが、人々に愛されるものはいつの時代も変わらないのである。

実用的でありながらドライビングプレジャーを堪能できるクルマ。小型でもラグジュアリーで、エレガントでスポーティーな車。これから先、街で様々なカテゴリーの自動車を見かけることはあっても、人間の感性に訴えかける情熱的な美学を体現するのはスポーツカーだけであろう。

911の遺伝子を受け継ぐ未来のポルシェは、誰が見てもポルシェ以外の何物でもないはず。これまでと同様に、これから先もポルシェのスポーツカーは高性能を控えめに主張するフォルムで見る者を圧倒してくれるだろう。

オクタン日本版編集部

無料メールマガジン登録   人気の記事や編集部おすすめ記事を配信         
登録することで、会員規約に同意したものとみなされます。

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事

Current ISSUE