フェラーリが男女同一賃金を証明する 「EQUAL-SALARY Certification」を取得

Ferrari

フェラーリ S.p.A.がは、社内の資格と地位が同一の男女が同一の賃金であることに対して、「EQUAL‐SALARY Certification」を授与された。

この認証は、全従業員のキャリア開発を促進しつつ、多様でインクルーシブな労働環境を生み出すというフェラーリのコミットメントを証明するものである。認証したのは、スイスに拠点を置く EQUAL‐SALARY 財団。認証に必要な8カ月にわたる包括的な調査は、欧州委員会が認める手法を使い、国際的な監査法人のPwCが行った。フェラーリはイタリアの企業として初めてこの認証を取得。

認証のプロセスには、賃金レベルの詳細かつ統計的な分析が含まれる。これによって、フラーリがジェンダー間の賃金格差の解消に成功したヨーロッパ企業のひとつであることが明らかになった。加えて、フェラーリの経営体制や人材開発の方針に対する調査も行われた。従業員には、無記名のアンケートに回答し、フェラーリの企業文化や、インクルーシブや多様性に対するコミットメントをどう受け止めているかを話題にした、1対1の面談やフォーカスグループでの対話に参加することが求められた。

フェラーリ CEOのルイス・カミレリは次のように述べている。「この認証の獲得は全員の誇りです。私たちは現在、多様でインクルーシブな労働環境に関して、名声と行動を継続的に高める取り組みを続けており、これは重要な記念碑となりました。処遇と機会の平等は、公平の基本原則というだけにとどまりません。革新と長期的成長をもたらす最良の才能を引きつけ、つなぎ止め、育成するための根幹なのです」

フェラーリの社内では女性がますます重要な役割を果たしており、「EQUAL‐SALARYCertification」はこの変化を示す新たな節目となった。具体的には、2016年から2019年にかけて女性従業員の割合が11.5%から14%に増加している。この期間に女性従業員は徐々に大きな責任を担い、さらに重要な役職に就いている。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事