姿を消していたポルシェ930ターボ│GTXクラスを初制覇した一台の軌跡

1975年に新設されたGTXクラスを初制覇したポルシェ930ターボ。その後ヒルクライムで活躍したものの、やがて人知れず世間から姿を消していた。そのポルシェが長い時を経て私たちの前に姿を見せた。その間の軌跡を追う。

舞台は1975年ル・マン24時間。それまで勝利をほしいままにしてきたポルシェだったが、1972年からの規則変更によりモンスター917はスポーツカーレースの世界から排除され、代わって3lスポーツプロトタイプが覇を競うようになり、ポルシェは一気に主役の座から引き降ろされていた。時代遅れの908/3ではフェラーリ、マートラなど強力な最新プロトタイプ勢に歯が立たなかったのである。



この1975年もポルシェにとって芳しい成果は挙げられなかった。ジョン・ワイアはポルシェのレーシングプランから外されると、その後自ら仕立てたガルフ・ミラージュGR8でル・マンに再挑戦、1975年はイクス/ベルが優勝、シュパンとジョッソーが3位を獲得と、見事リベンジを果たすことに成功した。2位に入ったラフォッスとシャリュイが駆るリジェJS2と合わせれば上位3車はどれもコスワースDFV搭載車であり、この年のポディウムにはマシーンもドライバーもポルシェに関与するものはいっさいなかったである。



最上位のポルシェはといえばヨーストからエントリーされた908/3が4位、5位から11位はカレラRSRやRSが独占したのだが、実際には何の慰めにもならなかった。では本当に1975年のル・マンはポルシェにとって悪夢のレースだったのか。その答えはいかに。続きは6月26日(金)発売のオクタン30号でじっくりとその物語を追っていただきたい。


▽ 購入予約はこちらより可能 ▽
Amazon: www.amazon.co.jp/dp/4418201157
Fujisan: https://www.fujisan.co.jp/product/1281695173/next/

無料メールマガジン登録   人気の記事や編集部おすすめ記事を配信         
登録することで、会員規約に同意したものとみなされます。

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事

Current ISSUE