天才か?反逆者か?謎に満ちたアーティスト、バンクシーの展覧会が5月30日より再開

BANKSY GENIUS OR VANDAL?

いま世界で最も注目されているアーティストの一人といえる、イギリスを拠点に活動する匿名の芸術家バンクシー。彼の70点以上の作品が日本初上陸となった展覧会『BANKSY展 GENIUS OR VANDAL?(バンクシー展 天才か反逆者か)』は3月15日に開幕したものの、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から3月28日より臨時休業していた。実質、約2週間しか見ることができず、あわや幻の展覧会になるかと危惧されていたが、このたび営業が再開されるとの嬉しいアナウンスがあった。






再開は5月30日(土)より。営業再開にあたっては、入場者を想定キャパシティの20%程度のゆとりある状態に設定、3つの視点(水際対策、予防対策、三密対策)からの取り組みを実施することにより、新型コロナウイルスの感染予防対策に努めている。

ソーシャルディスタンスを保つ空間にも楽しみを生み出したいという思いから、展覧会の待機列に並びながら楽しむことができる企画も計画しているという。どんな企画で出迎えてくれるのか、今後の案内に期待したい。





『バンクシー展 天才か反逆者か』
展覧会名:『BANKSY展 GENIUS OR VANDAL?』(英名)
     『バンクシー展 天才か反逆者か』(和名)
期間:2020年3月15日(日)~9月27日(日)  
   ※3月28日(土)~5月29日(金)まで新型コロナウイルス感染症拡大防止策として休業
会場:アソビル(神奈川県横浜市西区高島2‐14‐9 アソビル2F)
オフィシャルホームページ:https://banksyexhibition.jp/

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事