伝統を大切にする職人の想いが込められた高品質でユニークなドライビンググローブ

伝統のクラフツマンシップを軸にした、ラグジュアリーなプロダクトを企画開発・製造・販売するブランド Kiwakoto。きわこと(際殊)は、古語で『格別であるさま』という意味を持つ。職人による手仕事、個性と個性のコラボレーション、用の美を追求したデザイン。他にはないこだわりをかたちにして届けるという想いをブランド名として表現している。 

そんなKiwakotoより、新作のドライビンググローブが登場。ドライビンググローブ専業メーカーCACAZANとのコラボレーションアイテムである。ステアリングは馬でいうところの「たずな」。ステアリングとの一体感をサポートしセンシティブな操作感覚を提供する、ドライビンググローブに表現したのは「力を抜き、ハンドルを包み込むようにやさしく圧をかけるその瞬間」のイメージだという。CACAZANグローブの着け心地はそのままに、空気を包みこむような繊細で力強いイメージがデザインされている。 

CACAZANの出石尚仁さんは、大量生産が海外に移管されていく中、かつては香川の一大産業として栄えた手袋製作も付加価値の高い商品をつくらなくては生き残れないとOEMメ ーカーからドライビンググローブ専業ブランドヘと一代で変革させた。素材にこだわる出石さんと、伝統工芸の手仕事によるユニークな表現にこだわるKiwakotoが互いにインスピレーションを受けコラボレーションが実現したのである。 伝統工芸の起用にあたっては、早くから和装以外の用途を求めて技術革新を黙々と行ってきた薗部正典さんが確立された墨流しを起用。一点もののグロ ーブをつくりたいという思いから、墨流しを伸縮生の良いシープレザーに施すチャレンジを経て、高品質でユニークなドライビンググローブが完成した。

このような想いが込められたドライビンググローブは、ブラック、ネイビー、レッドの3色展開。価格は3万3000円(税込)。職人技が注がれた作品は、使う人それぞれの肌に合ってくれるだろう。購入はKiwakotoオンラインサイトより https://kiwakoto.com/product

無料メールマガジン登録   人気の記事や編集部おすすめ記事を配信         
登録することで、会員規約に同意したものとみなされます。

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事

Current ISSUE