フェラーリが新たなルールを定め工場再開へ 5月8日よりフル稼働目指す

Ferrari

コロナウィルス感染拡大によるパンデミックの影響を受け、閉鎖されていたフェラーリのマラネロとモデナの工場が5月8日より再開した。イタリア政府が定めた規定に従いながら、再び生産ラインのフル稼働を目指している。

フェラーリは、入念な準備と努力を重ねてきた。そして、今回再開にあたり"Back on Track"と呼ばれるプログラムを用意。これは、製造に携わっているスタッフが安全に、そして安心して働くことができるように定めたものだ。ソーシャルディスタンスを導入したいくつかの新たなルールが決められ、スタッフに任意で血液検査に協力してもらうということなども行われている。

【写真10点】フェラーリが新たなルールを定め工場再開へ 5月8日よりフル稼働目指す





生産を再スタートする前に、新たなルールの中で働くスタッフへ正しい理解を与えるためトレーニングセッションを実施することも決めた。これは、実際に先週行われており、5月8日からの再スタートへ向けて準備万端である。

オクタン日本版編集部

無料メールマガジン登録   人気の記事や編集部おすすめ記事を配信         
登録することで、会員規約に同意したものとみなされます。

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事

Current ISSUE