イアン・カラムがデザインした斬新な一台│V12エンジンを搭載したアストンマーティン

Aston Martin

1999年のジュネーヴ・モーターショーでデビューしたDB7 V12 ヴァンテージが、次世代ヴァンテージのエンブレムを掲げるモデルとなった。世界的に有名なデザイナーのイアン・カラムによって完全に新しくデザインされたこの車は、フォード・リサーチ&ビークルテクノロジーグループおよびコスワース・テクノロジー社との緊密な協力体制によって開発されたオールアルミニウム合金製5.9リッター 48バルブ V12エンジンを搭載し、420bhpの最高出力、400 lb-ftの最大トルクを発生した。
 
シャシーも強化され、当時としては非常に斬新なフロントおよびリアサスペンションのセットアップを採用していた。このモデルが登場するまで、アストンマーティン ヴァンテージは、標準仕様のエンジンを搭載していましたが、DB7 V12 ヴァンテージはそれらと一線を画した新しいエンジンを採用し、直列6気筒エンジンを搭載したヴァンテージともまったく異なるモデルに仕上がっていた。


 
その結果、非常に印象的なパフォーマンスが実現している。当初は、クロスレシオの6段マニュアルトランスミッション(最高速度184mph(約296km/h)、0~60mph加速5.0秒)または5段オートマチックトランスミッション(最高速度165mph(約266km/h)(リミッター作動)、0~60mph加速5.1秒)の2つの選択肢が用意されていた。しかし、2000年以降、ZFとの共同開発で高い評価を得た“タッチトロニック”システムも選択できるようになった。
 
ブロックシャム工場で4年半にわたって製造されたDB7 V12 ヴァンテージクーペの生産台数は2091台に達し、ヴォランテおよびGTと合計した数字は、アストンマーティンにとって新記録となった。最後のDB7 V12 ヴァンテージは、2003年にブロックシャム工場からラインオフされた。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事